TISSOT -ティソ-

今や世界で通用する時計メーカーの一つ「ティソ」。

ティソは1953年、スイスのロックルで創業。

シャルル・フェリシアン・ティソとシャルル・エミル・ティソの親子からその歴史が始まりました。

時計職人のシャルル・フェリシアンから教育を受けたことで、シャルル・エミルは若くして時計職人の技術を修得。
その後、アメリカへ渡り、さらなる技術を追い求めながら、海外での時計市場を同時に学びました。

帰国後、ティソというブランド名で時計メーカーを開始。

当初から海外に市場を求めていたことから、アメリカやロシアの顧客を獲得。
特にロシアでは大きなシェアを獲得するまでに成長しました。

生産ラインの合理化、機械化、さらに単一ムーブメントの採用と、最新の仕組みと合理化によってコストを削減。

ティソは高品質でありながら、コストを抑えたことで世界での販売を展開します。

現在では約150カ国でティソの時計は販売され、これからも増えていくことが予想されます。

販売されている国の多さもティソの特徴ですが、コレクションのバリエーションが豊富なのもティソの特徴。
スポーティーな時計から、クラシカルな時計まで。
また、モダンなデザインの時計も展開。

高価な機械式時計もあれば、リーズナブルなクオーツ時計もあるので、初めての海外製時計として選んでも安心です。