Tiffany & Co. -ティファニー-

言わずと知れたジュエリーブランド「ティファニー」。

1961年の映画、「ティファニーで朝食を」でタイトルにもなった有名なブランドです。

ティファニーは1873年9月18日に、チャールズ・ルイス・ティファニーと、同級生のジャン・ヤングの二人で始めた文房具と装飾品の店が始まりです。

当初、ニューヨークでオープンしたときには「Tiffany & Young」という名前でした。

オープンと同じ年に、その後ティファニーのブランドカラーとなる「ティファニーブルー」が誕生します。
ティファニーブルーは、美しく淡い色合いが魅力的なため、ギフトボックスやショッピンバッグにも使われ、ティファニーを表すアイデンティティーとなっています。

19世紀半ばになると、ティファニーは富裕層をターゲットにし、ジュエリーショップへ移行。
1845年には最初のカタログを発行し、通信販売を行うメールオーダーを行うようにもなりました。

1851年にはニューヨークの著名な銀細工師の事業を買収。
この時から銀製品の製造を開始し、今も続くシルバーアクセサリーへと発展していきます。

1853年、チャールズ・ティファニーが共同経営者から経営権を買い取ったことで、社名を「Tiffany & Co.」へ改称。
会社もニューヨーク、ブロードウェイ五番街へ移転します。

その後、1861年にはアブラハム・リンカーンの大統領就任式で授与されるピッチャーのデザインを依頼されたり、1867年のパリ万博にアメリカ企業として初めて銀器部門優秀賞を獲得するなど、知名度上げていきます。

現在では、従来のジュエリー以外にも、フレグランスやメンズ用ジュエリー、時計なども手がけるブランドに成長しています。