Salvatore Ferragamo -サルヴァトーレ・フェラガモ-

1927年、サルヴァトーレ・フェラガモ自身の名をブランド名にして設立しました。

サルヴァトーレ・フェラガモは、イタリアで生まれ、11歳で靴屋を開業し、15歳のときアメリカへ渡りました。

その後、アメリカの南カリフォルニア大学にて解剖学を学び、足を痛めない靴を作る手法を身につけます。

その結果、フェラガモは靴製作における数々の手法を特許にすることにも成功。
靴職人としても「履き心地のよい靴」を信条する、こだわりの強い職人として活躍します。

伝わるところによると、フェラガモは足を触るだけで人の体調が分かったと言われていることから、解剖学という医学的知識と、職人としての経験を高いレベルで融合していたことがわかります。

1927年にイタリアへ帰国後、フィレンツェにて「サルヴァトーレ・フェラガモ」を開業。
しかし1933年に襲った大恐慌の余波により、一度は倒産を経験します。

その後、王侯貴族やハリウッドスターたちを顧客へ獲得することに成功し会社を復興。

1960年、サルヴァトーレ・フェラガモが死去するまで、革命的なデザインの靴を次々と発表しました。

現在は靴だけではなく、メンズ・レディスのプレタポルテ、バッグ、香水など、トータルファッションブランドとして地位を獲得しています。