Paul Smith -ポール・スミス-

1970年、イギリス・ノッティンガムにセレクトショップをオープン。
そこでは、いち早くマーガレット・ハウエルやケンゾーを扱うセレクトショップとして名を広めた。

1970年半ばから、ポール・スミス自身がデザインしたオリジナル・シャツの販売を開始。
オリジナルアイテムのネクタイやシャツは評判になり、イギリス国内にポール・スミスの名が広まっていきました。

ポール・スミスはメンズウェアブランドとして始まったという特徴と、イギリステーラードの伝統的スタイルを継承しながら、機能性・実用性を重視しています。
そして、ポール・スミスの色使いは人気の根元です。カラフルで派手なプリント。
全体的に優しい印象のアイテム。

これを、ポール・スミス本人は「ひねりのあるクラシック」と定義しています。

1976年に、パリ・コレクションに初参加を果たし、それ以来毎シーズンメンズコレクションを発表。

1984年に、南青山へ直営店をオープン。
店舗の拡大を行いながら、現在では百貨店の定番ブランドとなっています。

1993年には「レディスライン」である「ポール・スミス ウィメン」を発表。
アクセサリーから香水、靴までトータルに手がけています。

1995年には、エリザベス女王より「クイーンアワード」を授与。
2000年には、「サー」の称号を受けることになりました。

2010年にはファッションだけではなく、ミネラルウォーターの「エビアン」のボトルもデザイン。

現在では、アパレルだけではなく、シューズ、カジュアルライン、マフラーや時計、財布、香水などのアイテムまで拡大しています。