OFFICINE PANERAI -オフィチーネ・パネライ-

1860年にイタリアのフィレンツェにて、ジョヴァンニ・パネライが創業したスイスの時計店が始まりです。

パネライは創業時、時計ブランドというよりは精密機械メーカーとしての評価が高い会社でした。

しかし、イタリア海軍のために作った「ダイバーズウォッチ」が一躍人気になり、時計メーカーとして頭角を表すことになります。

パネライは20世紀に入り「発光物質」である「ラジオミール」を発明。
1938年には発明された「ラジオミール」をそのまま時計の名前にし、防水時計「ラジオミール」を発表します。

この時計は深海での活動などに適した作りだったため、海軍で重宝され長く軍用の時計メーカーとしてパネライを有名にしました。

その後、1993年ごろから「冷戦」も終結したため軍需が減り、民間用に腕時計を限定的に発売します。

1997年には、ジャガー・ルクルトやIWC、ピアジェなどを傘下にもつ、リシュモングループに入り、パネライの拠点をスイスに移動。

そしてリシュモンの傘下に入った後、パネライの時計は国際的に展開を広げることになります。
また、もともとは軍用に作られていた大型の時計が人気となり、大型で厚みのある時計を流行させるきっかけを作り出しました。

パネライの腕時計は基本的に大型のため「男性用」なのですが、近年、小型の腕時計も発表されているため、身につける女性も増えています。