JOHNSTONS -ジョンストンズ-

1797年にスコットランドで創業した、世界最古の生地メーカーと言われているのが「ジョンストンズ」です。

ジョンストンズは、カシミヤやビキューナをはじめ、メリノウールやラムズウール、キャメルヘアーなど、高級素材を使った生地を作り続けてます。

現在でも変わることなく、原毛から厳選し、紡績、機織り、ニッティングにいたる全ての工程を一貫して行うめずらしいメーカーです。

高い技術力と長年の実績から、王室御用達を受けるロイヤルワラントの一つです。

1920年代には、ココ・シャネルなどのフランスデザイナーが、スコットランドのジャージーを好んだことから有名に。

グレースケリーもスコットランドのカシミヤを愛用していたことから、さらに注目を集めるブランドとなりました。

1960年代に入ると、自社でニット製品を手掛けるようになり、過去エルメスのカシミヤ製品を手掛けていたこともあります。

現在では生地やニット製品だけにとどまらず、ニットアクセサリーやホームコレクションも展開。

ジョンストンズ・オブ・エルガン社が事業を展開し、日本でも知名度を上げ、ファッション雑誌でも掲載されることが増えています。