dunhill -ダンヒル-

1880年、イギリス・ロンドンにて、馬具専門製造卸売業として創業したのが始まりです。

1893年、アルフレッド・ダンヒルが父親から家業を引き継いだことで、事業を拡大。

衣類や小物、後にダンヒルのコンセプトでもある「自動車旅行用品」を売り出し、成功を手にします。

ダンヒル商品の多くは「モートリティーズ」というキーワードで1つのコンセプトになっています。
「モートリティーズ」とは「自動車(Motoring)」と「権威(Authorities)」を組み合わせた造語。

これは自動車の「エンジン以外なら何でも揃えている」と表現された、ダンヒルがドライバー達から支持されて成長したことにも関連しているのでしょう。

現在でも「モートリティーズ」のコンセプト・精神は、ダンヒルのアイテムに影響を与えており、バッグや時計などのネーミングやディテールに関連しています。

現在のダンヒルでは、ドライバーや自動車向けのアイテムだけではなく、スーツやカジュアルなどをはじめとした衣料、財布やバッグのレザーアイテム、カフリンクスなどのアクセサリーも展開中。
特に男性向けファッションアイテムを展開しています。

2000年には、サッカー日本代表のオフィシャルスーツを提供。

1993年からダンヒルは、フランスのカルティエや、スイスのIWC、ドイツのモンブランなど、ラグジュアリーブランドを所有する、スイスのリシュモングループの傘下となっています。