Dr.Martens -ドクター・マーチン-

1945年、ドイツの医師「クラウス・マーチン」が「ドクターマーチンソール」を開発したことがきっかけとなり、ドイツで商品化したのが始まりです。

最初はドイツの医師である「クラウス・マーチン」が、スキーで事故に遭ったことがきっかけで開発が始まりました。
事故のリハビリ用ソールにタイヤのラバーを使い中に空気を入れたところ、クッション性に優れていたことから、1947年に友人の後押しもあり商品化に踏み切ったという話しがあります。

その後1950年代まではドイツで販売されていたのですが、イギリスのR.グリックス社の目に留まり、1960年4月1日に記念すべき最初のブーツ「1460Z」を発表。

優れた耐久性とクッション性から、当初は労働者階級に受け入れられ「ワークブーツ」としてのイメージが定着。
その後、時代の流れもあり「反体制思想」を持った層がドクター・マーチンのブーツとジーンズを着用したことから、ファッションアイテムとして拡大。

さらにビートルズやローリングストーンズ、クイーンなどの大物ミュージシャンが着用したことから、世界的に認知されるようになり「労働」と「音楽」が結びついたことから「ストリートカルチャー」のアイテムとして扱われるようになりました。

現在ドクター・マーチンは、世界で年間1,200万足を売り上げるブランドとなっています。