DORMEUIL -ドーメル-

ドーメルは1842年、ジュールズ・ドーメルによって創業。

フランスのエレガンスに英国の伝統と格式を融合させることに成功した高級服地ブランドです。

元は、英国の服地をフランスに輸入するビジネスからスタートしたドーメル。
その後、2人の兄弟が加わり、3兄弟でビジネスを展開し始めました。

1900年代の前半には、日本との間に強固な関係が生まれました。
その後2000年に入り、オートクチュール専門だったドーメルに既製服のコンセプトが導入。
このコンセプトを展開するため、2004年には主要市場である日本で「ドーメル・ジャポン株式会社」を設立します。

今も昔もドーメルが開発する服地は最高級品であることから、世界中で高い評価を得ています。
その証拠にドーメルの高級服地は、シャネルやイブ・サンローランなど、オートクチュールブランドの服地としても提供されていることは有名な話。

2012年にはドーメル170周年を迎え、限定生地として「MATTERHORN BLUE」を開発。

ドーメルは今も昔と変わることなく、ファミリービジネスの形態をとっていることから、現在は5代目Dominic Dormeuilが会長を務めています。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0