Brooks Brothers -ブルックス・ブラザーズ-

1818年、ヘンリー・サンズ・ブルックスがニューヨークにて創業。
創業当時は、ブルックス・ブラザーズではなく、HSブルックス商会と名乗っていました。

1845年、ブルックス・ブラザーズがアメリカで初めてだと言われている「既製服」のスーツを発売。
同じ頃、リボンが巻かれた子羊にゴールデンリースのシンボルが、ブルックス・ブラザーズのブランドシンボルとなりました。

また、1850年に「HSブルックス商会」から「ブルックス・ブラザーズ」へ改名し、現在まで続く老舗ブランドとなっています。

1896年、ブルックス・ブラザーズの代表的アイテムとなる「ボタンダウン」のポロカラーシャツを発表。

1902年には、アイビールックの代表的アイテムと言われている「レップタイ」を発売しました。

その後、1979年にブルックス・ブラザーズが日本に上陸。

日本でも「ブルックス・ブラザーズ」といえば「アメトラ(アメリカン・トラディショナル)」の代表ブランドという地位を獲得しました。

現在は、メンズラインだけではなく、ウィメンズラインも展開しています。

また、2015年、野球日本代表「侍ジャパン」のオフィシャルスーツの提供をスタート。

まだまだこれからも、日本へアメトラの影響を与え続けてくれるブランドだと言えます。