巻き物

ストールやマフラー、スカーフ。

マフラーは男性も冬に使うことが多いですが、ストールやスカーフは、まだまだ「ちょっと恥ずかしい」と思っている方も多いようです。

そして、どれも同じように思いますが、それぞれに違いがあります。

■マフラー

マフラーは防寒用の「細長い長方形」をした襟巻きです。
目的が防寒用なので、厚手の生地が多く、ボリューム感があります。

日本では冬に使用するものです。

■ストール

マフラーと同じように使われることが多いですが、ストールは本来「肩掛け」です。

マフラーよりも生地が薄く、大判なものが多いです。
ストールは生地や柄、デザインの種類が豊富なので、冬だけでなくオールシーズン活躍してくれます。

■スカーフ

薄手の正方形をした布がスカーフです。

女性なら、頭から被る、首に巻くことが多いですね。
最近では、髪をまとめるときにも使っている人もいます。

スカーフは女性のものというイメージがありました、最近は男性用もあり、有名ブランドもメンズへの提案も増えています。

特に海外ブランドは「マフラー」「スカーフ」とカテゴリが分かれているところや、「マフラー」がスカーフにカテゴリされているところもあります。

マフラー以外は、女性だけのものというイメージがありましたが、現在では男性もおしゃれアイテムとして使っている人が増えています。

コーディネートの差し色としても使いやすいので、積極的に取り入れていきたいアイテムです。