ヴァシュロン・コンスタンタン -Vacheron Constantin-

オーデマ・ピゲ、パテック・フィリップと共に、世界三大高級時計メーカーと呼ばれているのが「ヴァシュロン・コンスタンタン」です。

1755年の創業以来、一度も時計の製造をやめることなく現在に至る、世界最古の時計ブランドです。

ヴァシュロン・コンスタンタンの時計は、トゥールビヨンをはじめとする複雑機構を持つ機械式時計が有名です。

また、最上級の宝石を使ったラグジュアリーな時計から、シンプルなドレスウォッチやスポーツウォッチまであり、どの時計も約260年という時代を生き抜いてきた高貴なブランドらしい雰囲気をまとっています。

ヴァシュロン・コンスタンタンは、創業期から現代までフランソワ・コンスタンタンの「可能ならばより最善を求めよ。そしてそれは、常に可能である」という言葉を守り続けています。

この言葉のもと、大胆な発想、緻密な技術は現代でも変わることなく、脈々と時計職人によって引き継がれ生き残っています。

流行に流されない、普遍的でありながら、その内側には高貴な精神と豊かな発想を秘めた時計。
ヴァシュロン・コンスタンタンのデザインや発想には、美に対する哲学が存在しています。