ワイシャツ

ワイシャツとは男性のスーツの下に着る、襟とカフス付きの前開きのシャツのことを言います。

本来はネクタイを締めて着用しますが、クールビズの浸透によってオープンカラーが着用されることも一般的になってきました。

ワイシャツの「ワイ」は英語の「ホワイトシャツ」がなまったもので、本来ワイシャツは白か淡色のシャツを指します。

色柄付きのシャツもワイシャツと呼ばれることがありますが、厳密に言うと間違った表現です。

似た言葉でカッターシャツやドレスシャツがありますが、これは同じものを指します。
ちなみに西日本でカッターシャツと呼ばれることが多いのは、スポーツ用品メーカーのミズノの商標名がもとになっています。

ビジネスマンが毎日着用するワイシャツは、既製品を購入する人が多いと思います。

しかし既製品はネクタイを締めたときに窮屈だったり、体のサイズに合わせて購入すると手が長かったり、着心地がいまいちだったりすることありませんか。

オーダースーツを作るようにシャツもオーダーを求める人が増えています。

襟方のデザイン、カフスの形状、ポケットの形、前立てのデザイン、バックスタイルなど。
毎日着るものだからこそ、快適で美しいシルエットのものを持ちたいですよね。