フランネル

フランネルとは軽くて柔らかい毛織物のひとつです。

素材にはウールやコットンが使われることが多かったのですが、現在ではウールとコットン、ウールと合成繊維という組み合わせで作られることも増えています。

フランネルを使ったアイテムには、シーツやナイトウェア、そしてフランネルシャツ(略してネルシャツと呼ばれています)などが作られています。

フランネルは無地だけでなく、織り方によって様々な模様があるのも特徴。
柔軟性と保温性、そしてカラフルな色彩から、ファッションアイテムに向いた素材です。

フランネルの起源は中世のウェールズまで遡ると言われていますが、未だはっきりとした起源はわかっていません。
ただ、16世紀ごろには既にフランネルは知られていたようで、17世紀後半にはフランスで「flanelle」という言葉使われていたとの記録もあります、

フランネルはアメリカでも人気となり、一般的には子供向けの冬用パジャマとして使われることが多かったようです。
その後、寒い環境で働くブルーカラーの労働者達に指示され、その後、大衆へと広がっていきます。

1990年代の中期、アメリカでブームを巻き起こした「グランジ・ミュージック」を演奏するミュージシャンが、フランネルのシャツを着用することが多かったため、さらに普及しました。