ビスポーク

ビスポークとは、個々の購入者の注文や嗜好、用途に合わせて作る「カスタムメイド」のこと。

この言葉は、スーツ発祥の国である英国で頻繁に用いられている。

ビスポークの起源は「be spoke(何かを語る)」という意味の動詞「be speak」に由来している。

これは、顧客とテーラーが「話をしながら」スーツの注文を受けていくところから、こう呼ばれるようになったと言われています。

話をしながら、顧客の要望にフィットした服を仕立てていく様は、まさに「be spoke」という表現がぴったりだったのでしょう。

現在ビスポークという言葉が表現するものには、完全なオーダーメイドから、パターンオーダー、既製品を改良するものまで、「ビスポーク」と言われるようになっています。

また、現在はスーツだけに限らず

・オーダーメイド医療のことを、bespoke medicine
・オーダーメイドの靴のことを、bespoke shoes
・オーダーメイドのジュエリーのことを、bespoke jewelry

というように使われることも増えています。

そして、アメリカ英語における

・カスタム・カー
・カスタム・バイク

のように「改造」という意味でも用いられている傾向があります。

特にアメリカでも「ビスポーク・スーツ」という表現もあり、本来のオーダーメイドの意味を越えた言葉になりつつあります。