ダブルブレスト

ダブルブレストとは洋服の上着やコートなど、前身頃のボタンが二列に並んでいるものをいいます。

日本では「ダブル」とだけ呼ぶこともあり、1980年代に流行したジャケットのスタイルでもあります。

ダブルブレストは、かっちりとした印象で、重厚な雰囲気を演出することのできるスタイル。

現在では、スーツやジャケットだけではなく、ニットやカーディガンなどにも存在するスタイルです。

ダブルブレストはフォーマルなシーンで着用されることが多く、略礼服として着用されることもあります。

ダブルブレストは歴史のあるスタイルなのですが、日本ではあまり流行していません。
どちらかと言うと、ダブルブレストはバブルの頃のイメージが強く残っているため、オジサンが着用する洋服というイメージがあるのかもしれません。

現在のダブルブレストの着こなしは、過去の着こなしとは違い、サイズ感が非常に大事になっています。
ゆったりと大きめなものを選ぶことはなく、着丈も袖まわりもコンパクトで体にフィットしたフォルムとなっています。

そしてフロントのボタンを留めたときには、ぴったりとしたシルエットが好まれます。

ダブルブレストのジャケットは、過去のように「スーツ」として使うだけではなく、ジャケパンのジャケットとして使う方が増えています。

特にネイビーのダブルブレストなら、パンツにどんな色のものを合わせてもコーディネートしやすいため、ファッション雑誌などでも特集が組まれることが多いです。