センタープレス

センタープレスとは、パンツの裾中央に入った真っ直ぐな折り目のことを呼びます。

センタープレスは、裾に入った縦のラインが強調されることで、脚を長く見せる効果があるのが人気の秘密。

男女に関係なく人気の定番デザインであり、フォーマルなシーンやビジネスシーンで最も使われるデザインです。

センタープレスから受ける印象は、すっきりとして信頼感があり落ち着いた印象でしょう。
そのため、昔からスーツの定番アイテムとして選ばれており、スーツが誕生してから100年以上経った今も根強く残っています。

センタープレスは、特別な加工や縫製が行われているものではありません。
パンツの両端の縫い目を合わせてたたみ、センターについた折り目をアイロンによってつけているだけです。
ですから、洗ったり雨に濡れたままにすると、きれいにピシッとついていたセンタープレスが取れてしまいます。

現代は、特殊な化学繊維を使うことで、水に濡れてもセンタープレスが取れないビジネススーツも登場しています。

現在、センタープレスはフォーマルやビジネスシーンだけではなく、ストレッチ素材を使ったカジュアルなパンツにも採用されるようになりました。

メンズ、レディース関係なく、これからもフォーマルシーン、ビジネスシーン、そしてカジュアルシーンにも取り入れられていくことでしょう。