MONTBLANC -モンブラン-

1906年、ドイツのハンブルクにて創業された万年筆で有名なブランドです。 モンブランは、エンジニア「アウグスト・エーベルシュタイン」、銀行家「アウフレッド・ネヘミアス」、文具商「クラウス・ヨハネス・フォス」が創業しました。 ご存じの通り、モンブランは万年筆の開発と販売を行っている世界的に有名なブランドです。 ブランド名にもなっているモンブランとは、フランスとイタリアの国境に位置するヨーロッパアルプ

RADO -ラドー-

日本では昭和の頃、テレビで「スイスの超高級腕時計」として紹介されたブランドです。 ラドーの創業は1917年のスイス・ビエンヌの東に位置する「レングナウ」にさかのぼります。 シュラップ家の3兄弟である「アーネスト」「ワーナー」「フリッツ」が、「シュラップ&カンパニー」として時計のムーブメント専用メーカーとして創業したのが始まりです。 ラドーは伝統的なスイス時計メーカーができないような、独創的

Borsalino -ボルサリーノ-

1874年、イタリアのジュゼッペ・ボルサリーノが、アレッサンドリアのフェルト帽をつくる芸術的職人のみを集めて工場を設立したのが始まりです。 伝統的な機械と道具にこだわり、これらを使い続けることで、永遠ともいえる長い時間に渡って受け継がれるであろう、エレガントさやラグジュアリーさを提案しています。 1874年、ボルサリーノは「シルクハット」の製造を始めました。 その後、1900年に行われたパリ万博博

HERMES -エルメス-

1837年、ティエリ・エルメスが高級馬具の製造工房として開業したのが始まりです。 エルメスは1867年、第2回パリ万博の馬具部門で銀賞受賞。 そしてこのとき、銅賞には「ルイ・ヴィトン」が入っていたのも驚きです。 1880年に、エルメスの2代目「エミール・シャルル・エルメス」顧客へ直接販売を行うためのブティックをオープン。 これを機に、従来の製造・卸だけの商売から脱却しました。 1892年には、馬の

DORMEUIL -ドーメル-

ドーメルは1842年、ジュールズ・ドーメルによって創業。 フランスのエレガンスに英国の伝統と格式を融合させることに成功した高級服地ブランドです。 元は、英国の服地をフランスに輸入するビジネスからスタートしたドーメル。 その後、2人の兄弟が加わり、3兄弟でビジネスを展開し始めました。 1900年代の前半には、日本との間に強固な関係が生まれました。 その後2000年に入り、オートクチュール専門だったド

TOD’S -トッズ-

元は1920代にイタリアのデッラ・ヴァッレ家がシューズを製造したのが始まりです。 当時は「EMA」という社名でしたが、1979年に発売された、底に133個のゴム突起がついた1枚革のモカシンが大ヒット。 軽快なフィット感とモダンなデザインがヨーロッパを中心に支持されたことがきっかけとなり「トッズ」というブランドをスタートしました。 トッズの靴は、120という多くの工程を経て作られ、まさに職人が手作業

IWC – インターナショナル・ウォッチ・カンパニー

IWCはスイスの高級時計メーカーです。 正式には、インターナショナル・ウォッチ・カンパニー(International Watch Company)といいます。 時計大国であるスイスの企業ですが、本社はドイツ語圏のシャフハウゼンにあり、ドイツの影響を受けているためなのか、他のスイス時計のような華やかなデザインや装飾はありません。 IWCはシンプルで耐久性の高い時計に仕上がっています。 創業当時から