A.LANGE & SOHNE -A.ランゲ&ゾーネ-

遡ること約300年。 ランゲ&ゾーネの歴史は、強王アウグスト時代のザクセン宮廷から始まります。 ザクセン宮廷のおかかえ時計師であったアドルフ・ランゲは、1845年に貧困が深刻な問題となっていた「グラスヒュッテ」の町に時計製造業を興そうと宮廷を去りました。 多額の融資をザクセン王室から受け、見習い工15名と共にグラスヒュッテへ移住。 独立工房を開きながら、見習い工を育てていきます。 やがて時