その姿で、ディナーはあり?

歳を重ねるに連れ、かつては居酒屋だった夜もホテルでのディナーに変わる。 そんな経験にうなずく男性も多いのではと思います。 今日は私が聞いたディナー時の失敗について教訓として記しておきたいと思います。 「その姿で、ディナーはあり?」 その知人はある時、彼女と夕食を食べる約束をしていたのだとか。 普段から居酒屋を好む2人だったことから、この日もいつもの居酒屋だろうと考えていたところ、、、 彼女はドレス

国立オペラ座にふさわしい装いは?

オーストリアのウィーンに滞在したとき、国立オペラ座でオペラを観劇することになったそうです。 ウィーン滞在は飛行機の関係で立ち寄ることになったため。 本来の目的は、知人との旧ユーゴスラビア圏散策だったのですが、、、 あるものを持っていたため格式高い国立オペラ座にも入場することができたのだとか。 そのあるものとは、一体? それは、ジャケットです ラフな格好での海外でもあると重宝するアイテムがジャケット

ファッションはマナー?

スタイリストであり、フィッターであることから私はジャケットとパンツのジャケパンスタイルをオンオフともに楽しむことが多いです。 もちろん、スーツもジャケパンに交えて楽しみます。 ある日、お客さまから質問を受けました。 ジャケパンやスーツは、ご自身の好みの色や生地で、仕立てているのでしょうか? この質問に対して私はこう答えました。 自分の好みよりも、一緒にいる人にとってふさわしいか 一般的に、ジャケパ

女性が残念に思うメンズワイシャツ姿のココ

ダンディズムあふれる紳士なら女性の目はさり気なくでも常に意識したいもの。 ジャケットやスーツはもちろんネクタイやベルト、靴とのコーディネートも女性は男性以上に見ているものです。 神は細部に宿る と言いますが、常に見られている以上細やかさを意識しなくてはと考える今日この頃です。   過去にやらかしてしまったワイシャツ事件   今日は私の知人の話を紹介します。 今でこそ彼はオーダー