スタイリッシュな印象を与えるポケットチーフといえば?

こんにちは。   ダンコレスタイリスト プラチナフィッターの山下です。   日本のような高温多湿の夏は、 クールビズといえばワイシャツとスラックス…   しかし商談や会食のある日はネクタイなしでもジャケットは羽織る、 という男性も多いハズ。   実は夏にこそ試したいアクセサリーがあるのですが、 ご存じですか?   今日はそんなアクセサリーのひとつ、

ゼニアのクールエフェクトで夏も涼しげに着こなす

こんにちは。   ダンコレスタイリスト プラチナフィッターの山下です。   ダンディズムに惹かれる男なら一度はその名を耳にするエルメネジルド・ゼニア。   イタリア最高級ブランド、ゼニア。   通称「ゼニア」の生地は、   本社のあるイタリアだけではなく世界各国でも最高級と言われています。   そのゼニアでは暑い季節にこそオススメの生地を

長袖シャツとジレで男の色気漂うスタイルに

こんにちは。   ダンコレスタイリスト プラチナフィッターの山下です。   夏になるとクールビズが 随分浸透したこともあり、   街を歩くとワイシャツにスラックス、 という出で立ちのビジネスマンを かなり見かけます。   しかし個人的に思うのですが、 今や日本のクールビズといえば 白い半袖シャツに紺のスラックス…   どことなく、 ダンディズムに欠

大切なのは大きさのバランス ネクタイの結び方と襟の大きさ

こんにちは。   ダンコレスタイリスト、プラチナフィッターの山下です。   ジャケパンスタイルでも時と場合によりネクタイを締めたいと思うもの。   そんなとき、シャツに合ったネクタイの結び方を知っていると着こなしに幅が出ます。   今日は暑い時期に多い、セミワイドカラーのシャツにピッタリのネクタイの結び方を紹介したいと思います。   =======

エルメネジルド・ゼニア生地でお仕立てしたダンディさがあふれるブラウンジャケット、ジレ(ベスト)

エルメネジルドゼニア(Ermenegildo Zegna)のクロスプレイ(CROSS PLY)ブラウン生地でお仕立てしたジャケット、ジレ(ベスト)が仕上がってまいりました。   今回のジャケジレ(ジャケット、ジレ)は遠くから見ると単色ブラウンに見えますが、近づくと素材の質感が生地の表面に表れています。   クロスプレイはリネン、ウール、シルクの三者混で軽い着心地ですがリネンやシ

ポケットチーフを使いこなして様々な印象を演出

こんにちは。   ダンコレスタイリスト、プラチナフィッターの山下です。   =================== あのポケットチーフの名前と折り方は? ===================   スーツスタイルはもちろん、ジャケパンスタイルでもポケットチーフを胸に刺す男性陣が増えているように思います。   以前は結婚式のフォーマルやブラックスーツでのみ見ら

ゼニア・トロフェオ生地でお仕立てしたグレーマイクロチェック3Pスーツ

ゼニアの中でも最高級ランク、トロフェオでお仕立てした3Pスーツが仕上がってまいりました!   最高級の生地メーカーの中の最高級生地、それがゼニア・トロフェオです。   トロフェオでお仕立てしたスーツ、ジャケットは色柄を問わず最高級の雰囲気をまとっています。   トロフェオはその言葉通り、ゼニアの中でも最高ランクの羊毛、最高ランクの羊を育てた牧場主に贈られる牧場主にとっ

大胆なブルーウィンドーペーン生地のオーダージャケットは英国紳士の雰囲気を身にまとうことができます。

大胆なブルーの格子柄のイタリア生地でお仕立てしたジャケットが仕上がってまいりました。   今回の生地はブルーベースに「窓枠」との名の通りのウィンドーペーンが全体に広がっている個性の強い柄です。   ウィンドーペーンは元々イギリスの伝統柄の一つです。   クラッシックなイメージ、トラディショナルなイメージでチェック柄でありながら存在感があります。   イギリス

ゼニア・クロスプレイのネイビーチェック生地でお仕立てしたジャケット、ジレ(ベスト)は夏でもダンディな着こなしができます。

エルメネジルドゼニア(Ermenegildo Zegna)のクロスプレイ(CROSS PLY)ネイビーチェック生地でお仕立てしたジャケジレが仕上がってまいりました。   ネイビーベースにスカイブルーで3本、赤みかかったブラウンの細いラインを組み合わせたウィンドーペーン柄は、全身から個性が強く伝わってきます。   ウィンドーペーンとは窓枠という意味の大きな格子のことです。 &nb