スタイリッシュな印象を与えるポケットチーフといえば?

こんにちは。   ダンコレスタイリスト プラチナフィッターの山下です。   日本のような高温多湿の夏は、 クールビズといえばワイシャツとスラックス…   しかし商談や会食のある日はネクタイなしでもジャケットは羽織る、 という男性も多いハズ。   実は夏にこそ試したいアクセサリーがあるのですが、 ご存じですか?   今日はそんなアクセサリーのひとつ、

ゼニアのクールエフェクトで夏も涼しげに着こなす

こんにちは。   ダンコレスタイリスト プラチナフィッターの山下です。   ダンディズムに惹かれる男なら一度はその名を耳にするエルメネジルド・ゼニア。   イタリア最高級ブランド、ゼニア。   通称「ゼニア」の生地は、   本社のあるイタリアだけではなく世界各国でも最高級と言われています。   そのゼニアでは暑い季節にこそオススメの生地を

長袖シャツとジレで男の色気漂うスタイルに

こんにちは。   ダンコレスタイリスト プラチナフィッターの山下です。   夏になるとクールビズが 随分浸透したこともあり、   街を歩くとワイシャツにスラックス、 という出で立ちのビジネスマンを かなり見かけます。   しかし個人的に思うのですが、 今や日本のクールビズといえば 白い半袖シャツに紺のスラックス…   どことなく、 ダンディズムに欠

注目を集めること間違いなし!ゼニア・アニオナ生地で全身を包み込んだ3Pスーツ

  エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のアニオナ(AGNONA)の グレーチェック生地でお仕立てした3Pスーツが仕上がってまいりました。   特徴的なアニオナでジャケット、ジレ(ベスト)を数々お仕立てしておりますが、今回は3Pでお仕立てした初めてのケースとなりました。   今回の生地はざっくりした表面感で、カジュアルな印象が強いレアな生地です

大切なのは大きさのバランス ネクタイの結び方と襟の大きさ

こんにちは。   ダンコレスタイリスト、プラチナフィッターの山下です。   ジャケパンスタイルでも時と場合によりネクタイを締めたいと思うもの。   そんなとき、シャツに合ったネクタイの結び方を知っていると着こなしに幅が出ます。   今日は暑い時期に多い、セミワイドカラーのシャツにピッタリのネクタイの結び方を紹介したいと思います。   =======

シルクの魅力が全身から伝わるブラック生地のオーダージャケット、ジレ(ベスト)

シルクウールのブラック生地でジャケジレをお仕立てしました。   生地の中でシルクが占める割合が80%とほぼ見かけることのないほど贅沢な生地です。   そして生地感は他のジャケット生地、スーツ生地を圧倒します。   この生地はウール糸とシルク糸の先染め糸を、2品質で双糸にした糸を使用しています。   ウールやシルクをそれぞれ違う色を染めているため、色味の奥行き

ポケットチーフを使いこなして様々な印象を演出

こんにちは。   ダンコレスタイリスト、プラチナフィッターの山下です。   =================== あのポケットチーフの名前と折り方は? ===================   スーツスタイルはもちろん、ジャケパンスタイルでもポケットチーフを胸に刺す男性陣が増えているように思います。   以前は結婚式のフォーマルやブラックスーツでのみ見ら

大胆なブルーウィンドーペーン生地のオーダージャケットは英国紳士の雰囲気を身にまとうことができます。

大胆なブルーの格子柄のイタリア生地でお仕立てしたジャケットが仕上がってまいりました。   今回の生地はブルーベースに「窓枠」との名の通りのウィンドーペーンが全体に広がっている個性の強い柄です。   ウィンドーペーンは元々イギリスの伝統柄の一つです。   クラッシックなイメージ、トラディショナルなイメージでチェック柄でありながら存在感があります。   イギリス

夏でも涼しく過ごせるミユキ・シャリック生地オレンジ・オーダージャケット

MIYUKIKEORI(御幸毛織)のSHALICK(シャリック)生地でお仕立てしたオーダージャケットが仕上がってまいりました。   100年以上前から、最高級のスーツ生地として販売されていた、知る人ぞ知る日本の御幸毛織。   そのミユキが蒸し暑い日本の夏を快適に過ごせる生地として開発したのがシャリック(SHALICK)です。   仕上がったジャケットを纏ったときその軽