ゼニアSS生地(スプリング&サマー)

Ermenegildo Zegna(エルメネジルドゼニア) 2018 S/Sスーツ生地! トラベラー、トロフェオ600、サマーツイスト、 クロスプレイ、シャン、クールエフェクト etc… 以前ご紹介した ジャケット生地も人気商品ですが、 スーツ生地も多数入荷致しましたので オーダースーツをお考えのお客様は お早めに御来店下さい。     ボルドー×ホワイトの組み合わ

ミユキ(MIYUKI)ヴィンテージ生地

MIYUKIKEORIのヴィンテージ生地 MIYUKIKEORI(御幸毛織)のヴィンテージスーツ生地が入荷しました。 100年以上前から、最高級のスーツ生地として販売されていた、知る人ぞ知る、人気の御幸毛織。 今となっては目にする事が少なくなった、色物や柄物のデザインが特徴的。 独特な風合いと高級感漂う素材感に、一目見るだけで惹かれる事間違いないでしょう。 今では、日本を代表する老舗服地ブランドと

ゼニア シャン(SHAN)生地

水色のチェック柄のジャケットとジレで、 エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)の シャン(SHANG)を使用しました。   ネイビーよりも明るい色合いで、涼しさを更に感じさせる、夏にピッタリのアイテム。 白のパンツは、ダンコレデニムです。   ストレッチに優れ、ラインが綺麗に見えます。 水色と白のジャケパンスタイルは、これからの季節 沢山活躍する事、間違い

PIACENZA(ピアチェンツァ)スーツ生地

知る人ぞ知るイタリア生地 PIACENZA(ピアチェンツァ)。     ピアチェンツァとは 世界最古と言われる ピアチェンツァ家の 毛織物の歴史は、 1600年代までさかのぼり、 イタリアのビエラ地区にて創業した 老舗ミルメーカーです。 なかには既に、 デリケートな高級原材料の扱いに長けた 名門生地ブランドとして、 ご存じのお方もいらっしゃるでしょう。 一目見ただけで分かる光沢

あなたのお客様が「足長スマート」に変わるジャケパンの着こなし方

オーダーでお仕立てするコツをつかんでいればお客様は スタイル良く変わることができます。 テーラー、フィッター、代理店として 販売・採寸するあなたはこのコツを知って お客様をダンディに変えてあげて下さい。 【1】足が長く見える着丈ーJK ポイントの1つ目はジャケットの着丈です。 着丈=総丈÷2 これがテーラー業界では基本の公式です。 これは何年経っても変わらない基準値ですが、 ファッションのトレンド

あなたのサイズに意識を向けることはスキルアップの第一歩です

自分と身近な人のサイズを頭に入れておく   あなたは自分のサイズを知っていますか?   バスト、ウエスト、ヒップ、総丈など基本のヌード寸法です。 これを頭に入れておくだけでも、採寸時の測り間違いがあったとき 未然に気づくことができます。   基本のヌード寸法が自然に出せるようになれば 首回り、裄丈などのシャツサイズ、股下などのパンツサイズ、 肩幅、身幅、着丈、袖丈など

あなたの接客を助ける採寸前ポイント

お客様の外見から得られる情報は あなたのフィッティングを助けます。   オーダースーツの接客・採寸でとても基本的なことですが あなたのお客様が日頃どのような服装の着こなしをしているのか。   生地を選ぶ中の会話ではもちろん話しに上がるかと思いますが 実際のその日の服装をよく見ておくことが大事です。   ・好みの着こなしはスリムかゆったりか ・パンツ丈はどれぐらいになっ

屈伸体補正について

屈伸体補正について 背中が曲がっている姿勢の方 前の裾が左右に開いている (後ろに裾が逃げている) 背中の裾がだぶついている (ベントがだぶついて重なる) 通常の裾の納まり   屈伸体の裾・開いている     屈伸体の背中 裾回りがだぶついて重なる     打ち合い量が変化するので加減が必要です。 ダンディズムコレクション山下

反身体補正について

反身体 身体が後ろへ反っている姿勢の方   前裾がハネている   片方の前身ごろを下へずらして 前裾のハネが納まる位置をみる   ずらした前身ごろは まっすぐ落ちて納まっている     打ち合い量が変化するので反身体補正値分の加減が必要な場合があります。 ダンディズムコレクション 山下