T様 映像作家 4着目

 

英国を代表する生地ブランド・スキャバルの生地でお仕立てしたジャケット、ジレ(ベスト)を納品致しました。

スキャバルは1938年創業の
老舗生地ブランドです。

今回のオーダーはスキャバルの中でも
なかなか手に入らないブラウンの玉虫色です。

玉虫色(たまむしいろ)とは光の当たり具合によって複雑な表情を見せる変化に富んだ生地です。

裏地にも玉虫色のペイズリーを合わせて、さらにはヴィンテージ感のあるメタルボタン。

これだけでも非常にファッション感度の高いオーダージャケット、ジレですが、今回のポイントは「肩」にあります。

このジャケットのお仕立ては
【マニカカミーチャ】と呼ばれ、別名シャツ袖、雨降らし等とも呼ばれる肩の仕上がりに非常に特徴のあるお仕立てです。

イカリ肩体型を気にしておられるT様。

肩パットが主張するジャケットは着たくないとのお話しでした。

T様のご要望にお応えした今回のマニカカミーチャはハンガーに吊っていると雨降らしの言葉通り、縦にシワが入っています。

身体が入ったとき驚きの軽さ、まさにシャツを羽織っているような軽い軽い着心地です。

マニカカミーチャのお仕立てに非常にご満足頂いたT様。

次回のお仕立てが今から楽しみとおっしゃって頂きました。

T様ありがとうございました!