自分でスーツを縫製できるテーラーさんがオーダースーツ代理店になるとこんなメリットがあります。

今日は個人でテーラーを
営業している人向けです。

実際に今もテーラーとして
営業していて今さら代理店なんて
不要!…ちょっと待ってください。

短気は損気です。

オーダーショップがたくさんできて、
世間のオーダー価格が下がっても
しっかりとした技術を持って、
顧客さんを持っていて
存在感を持つテーラーさんは
素晴らしいです。

だけど、それでも世間の変化は
少なからず感じておられるはず。

当然ながら常連の顧客さんも
高齢化してきており
先細りしていくのは感じていても
人には言えない…。

そんなテーラーさんもいます。

 

 

生地も高く買ったものも含めて
多少安くしてでも在庫をさばきたい…
だけどスーツの柄にも流行があり
安くても古い柄はいらないと
言われることも。

だからといって長年の付き合いの
生地屋さんでは新しい柄は高いので
ついつい安めの生地で柄を優先で
探してきて生地織りネームで
つじつまを合わせてしのいでいる…。

こういった場合に陥るとなかなか
苦しいですよね。

ダンコレのオーダースーツ代理店が
他と違うところは

 

 

「生地の卸しができる」

 

つまり縫製がご自分のところでできる
テーラーさんにとっての
弱みの一つである生地の仕入れが
できるということ!

といっても生地バンチだけなら
すでに生地屋さんのバンチブックを
お持ちですよね。

ダンコレではバンチブックの
弱点である出来上がりイメージ
を解消した今までにない
ダンコレオリジナルの
ダンコレブックを作成しております!

このダンコレブックを使うことにより
素人のお客様にも出来上がりを
イメージしてもらえるため
購入へのきっかけがつかみやすく
なります!

もちろんその際も生地の仕入れだけで
OKです!

またご自身の受注数で
さばききれないものが重なったときは
縫製もダンコレへ発注することが
できるので受注ロスを減らすことも
できます。

もちろん個人テーラーである
あなたのお休みを優先させたいときに
ご利用頂くことも可能です。

・生地だけを仕入できる
・縫製を頼むこともできる

 

 

これは個人テーラーであるあなたにとって大きなメリットではありませんか?

もちろん、クオリティの高いもので
流行の柄をお客様におすすめする
ことができるようになります!

オーダースーツ代理店
ちょっと考えてみようかな
と思ったらダンコレまで。
是非テーラーさんの
お話しをお聞かせ下さい。

オーダースーツ 【ダンコレ】販売代理店支援事業

 

ダンディズムコレクション 山下

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0