オーダースーツ代理店・販売代理店であるあなたがオーダーシャツをおススメするコツ

オーダースーツ代理店であるあなたは
オーダーシャツをどう位置付けていますか?

スーツやジャケットと違って単価も安いしシャツは手間がかかるだけ…
そんな風に思っていませんか?

もちろんオーダースーツやオーダージャケット・ジャケパンが

販売できていれば何の問題もなく売り上げは取れていくでしょう。

新規からリピーターへと広がっていれば文句なしに

うまくいっているオーダースーツ代理店と言えるでしょう。

もしそうではないとすれば、または売上を追加で上げたいと

思っているならオーダーシャツは扱いやすいアイテムです。

今回はそんなオーダーシャツをすすめるポイントです。
ではスタート!

シャツはビジネスでは消耗品

 

ビジネスマンはスーツを着るにしても

ジャケパンスタイルにしても

クールビズスタイルにしても

シャツはつきものです。

Tシャツやニットでビジネスができる人はそれほど多くありません。

会社の作業着を着てもその下にシャツを着る人もいるぐらい

シャツはスーツと同じかそれ以上に使われているアイテムです。

そして着る頻度が多い

→消耗が早い

ということになります。

これはそれだけビジネスチャンスも大きいことを示しています。
 

シャツは簡単で難しいアイテム

 

ビジネスで多くの人が使うシャツは

色柄もデザインも豊富です。

デザインが多いということは選ぶシャツによってイメージアップにも

ダウンにも、どちらにも転がる可能性があるということです。

簡単でそれでいてチョイスを間違うとイタイコーディネイトになります。

これはオーダースーツ代理店であるあなたが

お客様のスタイルをイメージをアップさせることが

できるチャンスがあることを示しています。
 

ビジネスとプライベートを兼ねるアイテム

 

シャツ+パンツ

シャツ+ジャケパン

シャツ+スーツ

シャツはいろいろなアイテムと組み合わせやすく

ビジネスだけでなくカジュアルでもコーディネイトできるアイテムです。

幅広いシーンで使えるシャツはビジネスと

カジュアルを兼ねて使えるデザインも豊富です。

あなたの提案次第でお客様の着用シーンも

広がる可能性を秘めています。

そして利用シーンが多いアイテムは、

お客様もあなたからの提案を受け入れやすいのです。
 

手軽に買える=フロントエンド商材として

 

重衣料であるスーツやジャケットに比べてシャツは

単価も低いためお客様の購入に対するハードルも低いのです。

オーダースーツ代理店であるあなたがお客様を

広げていくときにシャツは受け入れてもらいいやすく

比較的販売しやすいアイテムです。

シャツを購入してもらえれば採寸することに

繋がりお客様のデータを残すことができます。

「あなたのオーダーを体験させる」これは1回目の商材として、

そこで繋がりを持つことができます。

一度繋がりを作ることができれば次へのオーダースーツ、

ジャケパンなどへも進みやすくなるでしょう。

あなたにとっての「フロントエンド」商材として使う意味が出てきます。
 

利用シーンごとの最適解デザインを持っておく

 

シャツは衿型や色柄などデザインが豊富であることは

最初にお話ししましたが、オーダースーツ代理店である

あなたがお客様の利用シーンごとの最適解を持っておくことです。

例えば

ビジネス・タイドアップ

→ワイドスプレッド

ビジネス・ノータイ

→イタリアンカラー(ワンピースカラー)

カジュアル・ジャケパンスタイル

+ニットタイ

→ボタンダウン

ノータイスタイル

→イタリアンカラー

カジュアル・パンツスタイル

→ボタンダウン

このようにあなたなりの一番コーディネイトを

決めて持っておくことです。
 

まとめ

ビジネスでもカジュアルでも利用頻度が多く、

比較的単価も低めのシャツはオーダースーツ代理店である

あなたのお客様を広げることにも使えます。

まず、あなたのお客様にシャツですてきなコーディネイトを

体験させて次のオーダーへも繋げていく道筋を描いて下さい。
単価が低いと面倒に思わず、少しずつ

あなたのお客様の輪を広げて行って下さい。

そしてオーダースーツ、オーダージャケパンに

すすめるような提案を考えて下さい。

 

 

ダンディズムコレクション 山下

今からオーダースーツを始めたいなら

オーダースーツ 【ダンコレ】販売代理店支援事業