オーダースーツ代理店を開業するとき覚えておくと便利な商品知識・動画解説

オーダースーツ代理店を始めるとき、
アパレル業界・繊維業界は初めてという人はたくさんいらっしゃいます。

 

スーツの知識が何もないですが始めることができますか、とのお声もよく聞かれます。

 

結論から言うとスーツの知識はあるに越したことはありません。

 

お客様から様々な質問を受けたり、
お客様のご要望に応えるために、ある程度の商品知識は必要になってきます。

 

ですが、こういった知識は始めながら身に着けて行くこともできます。

 

逆に商品知識だけが飛びぬけて詳しくても、オーダースーツ代理店として販売できないケースもあります。

 

今回は基本的な商品の扱い方について
動画で説明したものをご紹介します。

 

いずれもオーダースーツ代理店であるなしに関わらず覚えておいて損はないものです。

 

商品に付随する扱い方なので使えるシーンはよく出てきます。

 

ではスタート!

 

スーツのたたみ方等

 

スーツのたたみ方【保管する場合】ジャケット・ジレ(ベスト)・パンツ

 

スーツのたたみ方【スーツを紙袋に入れて持ち運ぶ場合】

 

たたんだスーツを段ボールに入れて発送する方法

 

スーツをハンガーにかけて発送する方法

 

出張時のスーツの持ち運び方【新幹線の中でジャケットにシワが寄らない方法】

 

アイロンのかけ方

 

ジャケット(スーツ)のアイロンのかけ方【プラチナフィッター直伝】

 

ジレ(ベスト)のアイロンのかけ方【プラチナフィッター直伝】

 

パンツ(スラックス)のアイロンのかけ方【プラチナフィッター直伝】

 

まとめ

今回はスーツのたたみ方、アイロンのかけ方、スーツに付随する動作について動画でご説明しました。

 

一般的に本などでも学べる知識とは違う現場で使う扱い方法などです。

 

知っておくだけで手早く簡単に畳んだり、
ちょっとしたシワをアイロンで伸ばしたりと日常で使えるものをピクアップしてご紹介しました。

 

意外と役に立つ場面も多いですよ。

 

是非ご活用下さい。

 

ダンディズムコレクション 山下

 

 

採寸についてのサポートも手厚いダンコレ®オーダースーツ代理店を始めるなら

オーダースーツ 【ダンコレ】販売代理店支援事業