ゼニア・アニオナ オレンジ ジャケジレ

エルメネジルド・ゼニア
(Ermenegildo Zegna)の
アニオナ(AGNONA)生地
ジャケジレ仕上がりました!

オレンジチェックのAW生地で、
アルパカとカシミヤの混合生地なので
独特な色合いと風合いが特徴。

実際に着てみると、
保温効果も非常に高く
これからの季節にオススメです。

今回、ジャケジレで
お仕立てしましたが
コートでお仕立てする事も可能です。

◆今回の隠れたポイントは
バスケットボタンです。

ツィードやホームスパンなど
肉厚な生地との相性が非常に良く
ボタンに圧倒的な存在感があります。

カジュアルなジャケットにオススメの
ボタンです。

生地単体で見ると
一見派手に見えますが、
このようにコーディネートしてみると
カジュアルではあるものの、
上品さを兼ね備えたスタイルに。

今回は、オフの日でもお洒落に
着こなせるスタイルをイメージして
インディゴデニムを合わせました。

チノパンや、スラックスの
パンツなどを合わせて
ここぞという大切な日に
着て頂く事も出来ます。

合わせるパンツや小物によって、
コーディネートの幅が広がる
万能アイテム。

是非、店頭にてご覧下さい。

 

 

 

 

1953年にフランチェスコ・イロリーニ・モが興したアニオナ(AGNONA)は、

当初イタリアのボルゴセージアに拠点を置いていた。

 

設立した当初からアニオナ(AGNONA)は世界のファッションデザイナーたちに生地を提供してきた。

 

当時のクライアントの中にはバレンシアガ、バルマン、ピエール・カルダン、シャネルなどが含まれていた。

 

1999年1月にエルメネジルド・ゼニアグループに参加しています。

 

 

1960年代より、アニオナ(AGNONA)は世界各国を回って

生地の材料となる原毛の手配に乗り出し、南米、中国、オーストラリア、チベットから輸入を始めました。

 

また、原材料を確保するために、さまざまな外国企業にも出資しています。

 

アニオナ(AGNONA)では約5,000種類もの毛織物を生産しています。

 

アニオナで生産している毛織物には、カシミア、モヘア、キャメル、アルパカ、ビキューナなどがあります。

 

アニオナにはアパレル部署とテキスタイル部署があります。

 

アパレル部署と室内装飾部署は1970年代に開設され、既製服、

ニットウェア、ホームコレクションを展開しています。

 

スカーフ、ネクタイ、ショールなども取り扱っています。

 

アニオナではコート、ジーンズ、スカート、ワンピースなどの洋服を取り扱っています。

 

 

アパレル製品の取締役には、後にカルバン・クラインの取締役になった

ロベルト・ヨーリオ・フィリも名を連ねていました。

 

1997年時点でアニオナ(AGNONA)の生地を使用しているブランドには

ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、シャネル、イブ・サン=ローラン、

ヴェルサーチ、ジル・サンダー、エスカーダ、ヒューゴ・ボス、

ディオール、エルメス、ヴァレンティノ、ジャンフランコ・フェレ、

ジョイス、三陽商会、マーク・ジェイコブスなどがあります。

 

アニオナは国際アルパカ協会の一員で、

ビキューナやアルパカウールの販売などの独占権を持っています。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0