注目を集めること間違いなし!ゼニア・アニオナ生地で全身を包み込んだ3Pスーツ

 

エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のアニオナ(AGNONA)の

グレーチェック生地でお仕立てした3Pスーツが仕上がってまいりました。

 

特徴的なアニオナでジャケット、ジレ(ベスト)を数々お仕立てしておりますが、今回は3Pでお仕立てした初めてのケースとなりました。

 

今回の生地はざっくりした表面感で、カジュアルな印象が強いレアな生地です。

 

グレーベースにグリーンのラインをミックスしたフレッシュな印象のグレンチェックは着る人をダンディにすることでしょう。

 

ダブルにしたジレも、グリーンのペイズリー裏地もファッション性を高めています。

 

生地力が強いのでジャケット、ジレ(ベスト)、パンツ、それぞれ単品使いでも十分ダンディな着こなしができます。

 

ジャケットをジーンズに合わせれば、ダンディなカジュアルコーディネイトに。

 

Tシャツに合わせてジレ、パンツスタイルなら、暑い日でも爽やかな着こなし。

 

3Pなら街で着ている人を見かけることは、ほぼ無いでしょう。

 

人からの注目を集める個性的なスーツをお仕立てしたくなったらダンコレ®へ。

 

ご来店お待ちしております。

 

 

 

1953年にフランチェスコ・イロリーニ・モが興したアニオナ(AGNONA)は、

当初イタリアのボルゴセージアに拠点を置いていた。

 

設立した当初からアニオナ(AGNONA)は世界のファッションデザイナーたちに生地を提供してきた。

 

当時のクライアントの中にはバレンシアガ、バルマン、ピエール・カルダン、シャネルなどが含まれていた。

 

1999年1月にエルメネジルド・ゼニアグループに参加しています。

 

 

1960年代より、アニオナ(AGNONA)は世界各国を回って

生地の材料となる原毛の手配に乗り出し、南米、中国、オーストラリア、チベットから輸入を始めました。

 

また、原材料を確保するために、さまざまな外国企業にも出資しています。

 

アニオナ(AGNONA)では約5,000種類もの毛織物を生産しています。

 

アニオナで生産している毛織物には、カシミア、モヘア、キャメル、アルパカ、ビキューナなどがあります。

 

アニオナにはアパレル部署とテキスタイル部署があります。

 

アパレル部署と室内装飾部署は1970年代に開設され、既製服、

ニットウェア、ホームコレクションを展開しています。

 

スカーフ、ネクタイ、ショールなども取り扱っています。

 

アニオナではコート、ジーンズ、スカート、ワンピースなどの洋服を取り扱っています。

 

アパレル製品の取締役には、後にカルバン・クラインの取締役になった

ロベルト・ヨーリオ・フィリも名を連ねていました。

 

1997年時点でアニオナ(AGNONA)の生地を使用しているブランドには

ラルフ・ローレン、カルバン・クライン、シャネル、イブ・サン=ローラン、

ヴェルサーチ、ジル・サンダー、エスカーダ、ヒューゴ・ボス、

ディオール、エルメス、ヴァレンティノ、ジャンフランコ・フェレ、

ジョイス、三陽商会、マーク・ジェイコブスなどがあります。

 

アニオナは国際アルパカ協会の一員で、

ビキューナやアルパカウールの販売などの独占権を持っています。