ダンコレ ダンコレ ダンコレ
ダンコレへのご予約・お問い合わせはこちらからどうぞ

このコラムをご覧になっている、ということはジャケパンスタイルや
スーツスタイルで出張の機会もある、と想像していますが、いかがでしょう。

もし出張の機会があるなら、あるいは出張の機会がなくとも
ズボンプレッサーがない、ということはあるかと思います。

そこで紳士の嗜みとしてズボンプレッサーがない場合のパンツの手入れに関してお話したいと思います。

これまでよりもパンツの手入れが楽しくなれば、幸いです。

ズボンプレッサーがない場合の
パンツのお手入れ方法


出張時のホテルにズボンプレッサーがない。

出張時に限らず、住まいにもズボンプレッサーがない。

ということはあるかと思います。

そんな中でも紳士であればジャケットだけではなくてパンツ手入れも行いたいところ。

特にパンツの場合、ピシッとした折り目は真摯な印象も醸し出しますから、
人と会う前には気を配りたい箇所だと私は考えています。

だからこそ、ズボンプレッサーがあると何かと重宝するのですが、
なかった場合はもちろん、アイロンで代用しましょう。

折り目があり、
シワをやわらげたい場合


ジャケットのお手入れと同様で、アイロンのスチームをあてる。

これだけでシワはいくぶんやわらぎますし、
染み込んだ汗もスチームの蒸発とともに生地に浮き出てきます。

その後、ブラシで払ってあげると生地がイキイキしてきますので、
まずはスチームをあてることをパンツも習慣づけるといいかと思います。

一点注意点があります。

それはスチームをたっぷりあてることで折り目もやわらいでしまう場合です。

そこで、スチームをあててシワをやわらげ、生地に染み込んだ汚れを払った後で必要であれば…

あて布をあてて、
パンツの折り目をクッキリ

次は、パンツ折り目をクッキリさせる作業に入ります。

折り目へのアイロンあてです。

生地によりけりですが、アイロンを直接当てることによる生地のテカリを防止するためにも、
あて布を用意することをオススメします。

そのため出張時には大きめのハンカチをかばんに忍ばせておいたり、
大きめの生地をあて布用に持ち運ぶと何かと便利です。

ホテルにアイロンがあれば、アイロン台もセットで借りることができると思いますから、
アイロン台にパンツをピッシリ置き、折り目の箇所にあて布をあて、スチームをかけつつアイロンをかける。

大きめのあて布の方が、アイロン作業もスムーズですし

スイスイとアイロンをかける方が楽しいと感じられると思いますので

あて布にこだわってみるのもいいかもしれません。

折り目をクッキリ後も
ブラッシングは欠かさず


スチームをあてた後に折り目をクッキリさせたならすでに書いて手順ですと一度はブラッシング済みになります。

しかし折り目クッキリの後も再度ブラッシングをすることを私は心がけています。

なぜなら、ジャケパンスーツも、手入れはブラッシングに始まりブラッシングに終わる、と考えているからです。

アイロンもズボンプレッサーもない環境はありますが、そんな中でもできる手入れはブラッシングです。

ブラシもホテルにはありますが、中にはないホテルもあるでしょう。

ですからジャケパンスーツ出張する際、
私はスーツケースにブラシも携帯しています。

一日の疲れを湯船やシャワーで癒やすように

ジャケットやパンツの疲れはブラシで優しく癒やしてあげる。

アイロンは電気がないとできませんがブラシはブラシさえあればどこでもできます。

ですからお手入れをするにあたり手軽で欠かせないものだと考えています。

折り目の話とは異なりますが、ぜひお気に入りのブラシを探してみて下さい。

馬毛や山羊毛、柄の素材など、こだわるほどに深みがあるものがブラシですので。

モテジャケ

ダンコレがオススメするはじめてのオーダージャケットはこちらです。
https://motejake.com/

もちろんお直しも込みですし、ご希望であればお似合いのパンツも、
ご提案できますので対話を楽しんで頂ければ、と思います。

ダンディズム動画

パンツ(スラックス)のアイロンのかけ方

パンツのアイロンを実演しています。

参考になりましたら、幸いです。

ファッションコラムこちらの記事もオススメです

ダンコレ代理店募集 ダンコレお仕立券
>

ダンコレ公式 YouTubeチャンネル

ダンディーになれるTipsを「ダンコレTV」にて配信中!
ニッポンの男たちをカッコよくしたい。
人と同じであることが許されない男たちのために、
ダンコレは “ Made in Italy , Tailored in Japan ” にこだわり続けます。
チャンネル登録で「ダンコレ最新情報」をチェック!

ダンコレTVはこちら