ゼニア・TROFEO DENIM(トロフェオデニム)生地

エルメネジルドゼニアから、
2017 A/Wに新素材として登場した
TROFEO DENIM(トロフェオデニム)。

何度かご紹介させて頂きましたが、
ゼニアらしい斬新さと
生地の柔らかさ、軽さが注目を集め
仕入れた生地全てが完売致しました。

そこで本日ご紹介するのが、
2018 S/S、TROFEO DENIM
(トロフェオデニム)です。

A/Wの生地に比べて
更に、柔らかく軽くなり
S/Sバージョンとして登場しました。

ウール100%のデニム織りで
デニム感を再現したゼニアらしい素材。

色落ちしない加工もされており
触り心地が非常に滑らかでオススメ。

カラーは、ブラックデニムと
ブルーデニムの2色をご用意。

一般的な綿のデニムとは一味違う、
高級感溢れるデニム生地です。

 

エルメネジルド・ゼニア
(Ermenegildo Zegna)
トロフェオデニム×ダンコレスタイル

結婚式参列にお仕立てした、
1着のご紹介です。

ショールカラースーツに
シルバーグレーのジレをプラスした、
世界に1着しかないオリジナルデザイン。

 

中には、ダンコレで大人気の
白ジャカード生地を使った
ウィングカラーシャツを合わせました。

タキシードスタイルの
ショールカラーを、
拝絹を使わず共地の仕様で
程よいフォーマルスタイル。

トロフェオデニムの光沢と、
相反するカジュアルさをプラス。

シルバーグレーのジレを合わせることで
パーティシーンではドレスアップに。

フォーマル度をよりアップさせる、
共地のジレとの2WAY仕様。

もちろんジャケットを
デニムパンツに合わせても
バランスの良いトロフェオデニム。

“パーティー”
“フォーマル”
“カジュアル”
と3WAYで活躍する
ダンコレだけ、
世界に1着だけのオリジナルモデルです。

 

 

ゼニアとは?

徹底的なこだわりを持ち、世界中の目利きをうならせ続けているイタリアブランドのゼニア。

 

一度羽織ると途端に他のスーツが色あせて見えるほどのしっとりとした着心地と自然な光沢感。

 

まさにワンランク上のあなたに相応しいブランドです。

 

今回はそんなゼニアについてご紹介します。

 

 

エルメネジルド・ゼニアとは

 

エルメネジルド・ゼニアは100年の歴史を持つイタリアの紳士服ブランドメーカーです。

 

「良い素材は、良いデザインを求める」を企業理念としており、

「ス・ミズーラ」と呼ばれるパターンオーダーは世界中の著名人から絶賛されています。

 

 

さらに、エルメネジルド・ゼニア用の原毛は、

オーストラリアやニュージーランドなど世界各国から厳選されたモノだけを買い付けています。

 

 

その原毛をアルプスふもとにあるトリヴェロの工場で、

紡績や染色などを施してスチームで繊維を整える…という工程を踏むことで、

うっとりするような光沢と手触りを兼ね揃えた生地が完成します。

 

 

そんなゼニアのスーツは、LEONやメンズEXなどの男性雑誌や

新聞など数々のメディアにとりあげられています。

 

 

なぜ世界トップの地位を手に入れることができたのか?

 

元々は、細く柔らかい天然素材の中から厳選に厳選をかさね、

希少な高品質ウールだけを中心に買い付けていました。

 

 

しかし今では、新しい素材の開発や研究を積み重ねて、高品質生地を世界中に送り続けています。

 

そんなゼニアが紳士服業界でナンバーワンと評されるようになった理由。

 

それは、原毛の買い付け、素材開発、紡績、機織、染色、仕上げ…

などを通して高品質素材を生み出すことに一切妥協していない点にあります。

 

 

そんなこだわり素材を、ラルフローレンやアルマーニなどの

スーパーブランドがこぞって使用したことで、さらに拍車がかかり

ゼニアブランドは世界トップの知名度と地位を手に入れたのです。

 

 

まとめ

 

今回はエルメネジルド・ゼニアについてご紹介しました。

 

ゼニア生地の魅力は、厳選を重ねて選び抜いた原毛を

ゼニア特有の工程を通し高品質生地へと昇華させている点にあります。

 

 

こだわり抜いたゼニア生地で仕立てたスーツは、

世界中の目利きがうなるほどの肌触りと光沢を持っています。

 

 

ゼニアスーツを一度でも羽織ると虜になる。

そんな男性が続出しているのもうなづけます。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0