靴こそいいものを選びたい…その理由は?

靴こそいいものを選んで頂きたい。

本来であればジャケットスーツこそいいものをと考えそうですが私の場合、まずなのです。

その理由をお伝えしたいと思います。

靴には人格が現れる


私見になりますが、私はにこそその人の人格が現れると考えています。

どんなにいいを履いていても汚れがついていたらだらしのない印象を周囲に与えます。

なぜなら、をキレイにすることは少しの時間があれば誰にでもできることだからです。

一事が万事、という言葉がありますが、
靴の汚れに気づかない人に大事な仕事を任せようとはよほどのことがない限り、思えないものです。

ですからどんなに時間がなくともには最新の注意を払っておく。

それがビジネスも人生もうまくいく秘訣だと考えています。

ジャケットやスーツは
サイズ感が何よりも大事


にこそいいものを、と考える理由になりますが
ジャケットスーツの場合、素材の良さよりもサイズ感の方が、
良い印象には大事だと私は考えているからです。

ですからダンコレ®オーダージャケット入門編である
モテジャケ
https://motejake.com/
これはお求めやすい生地で仕立てています。

しかしの場合はサイズ感も、もちろんですが素材が大切です。

なぜなら、常に体重を支え、地面との摩擦を引き受ける、そんな存在だからです。

何より目が行きやすい


の場合磨かれるほどに、革の色艶が増していくものです。

ですからどんな革で仕立てたなのかはとても大切です。

それに街を歩いていると目につくのはジャケットスーツですが、
いざ商談や会食の際に目が行く場所は、足元であるであると多くの経営者が話しています。

ファッション全体で見ればの割合はほんの僅かですが

人となりを現すという視点から考えると、の割合はとても大きい。

そう考えています。

ジャケット、どちらにお金をかけるべきかなら私はまずと答えます。

その上でジャケットスーツの生地にこだわる。

足元をおろそかにして人生がうまくいくことはないのですから。

靴のお手入れは?


基本は2つのブラシがあると何かと便利です。

ホコリを払ったり、毎日のブラッシングに使う馬毛のブラシ。

そして磨き込むときに使う豚毛のブラシです。

外出時の手入れは悩むところですが…

常日頃、の手入れをしておけば顧客訪問前にティッシュで軽く拭くだけでも十分です。

2つのブラシを使い分けて毎日愛でるように、靴との対話を楽しんでほしいと思います。

 

ダンディズム動画

【男の嗜み】革靴の磨き方、
お手入れ方法をわかりやすく解説

を磨くとき、シューキーパーは入れる?

いざ磨くときに気になる方もいらっしゃるかと思いますのでダンコレ®では
靴磨きを実演しています。

参考になりましたら、幸いです。