ダンコレ®オリジナルコート・カシミヤ・グレンチェック

ご紹介するのは、

ダンコレ®がオススメする、
オリジナルデザインのコートです。

 

コートの形としては、第1釦とそのボタンホールを
あえて無くし、衿を立たせて、
ジャケパンスタイルに合わせ易くしています。

 

今回は、カシミヤ100%生地としては
レアなグレンチェック柄です!

 

カシミヤは標高の高い地に生息しているヤギの一種です。

 

非常に細く繊細な毛が特徴です。

 

軽さと保温性に秀でています。

着てみるとその軽さに驚くこと、次に薄いのに

非常に暖かいことに驚かされます。

 

繊細な毛のため生地に自然な光沢もある超高級素材です。

 

 

ブラックやネイビーはよく使われますが、珍しいグレンチェックのカシミヤ100%で
お仕立てされたコートはビジネスにもカジュアルにも使える万能コートです!

 

デニムに合わせて、スーツに合わせて、ジャケパンに合わせて、
あなただけのコーディネイトを楽しめる1着です。

 

 

 

 

こんな個性的なコートをお仕立てしたくなったらダンコレ®へ。

 

お気軽にお問い合わせ下さい!

 

 

カシミヤとは

カシミヤとはヤギの一種で毛色が三種類あります。

ホワイトカシミヤ、ブラウンカシミヤ、グレーカシミヤ。

さらに繊維の細さ、繊維の長さ、

異物の混入率この比率により品質が決められ等級が決まります。

なぜカシミヤは高価な素材なのか、

それはヤギ一頭からとれるカシミヤの量は150g~250gと少なく希少だからで、

コートを作ろうと思うとヤギ20~30頭分刈らなければなりません。

・・・思わずさわりたくなる、カシミヤ繊維。
その暖かさ、肌ざわりの良さは、あらためて語るまでもないでしょう。
やはり冬の、ワンランク上の素材といえば、カシミヤ。

 

 

由来を知れば着こなしも分かる?!ステンカラーコートの発祥とは?

 

ステンカラーコートは和製英語になるので、本来の呼び方だと

『スタンドフォールカラーコート』になり、ステンカラーコートでは、欧米では通用しないので、ご注意を。。

 

 

ステンカラーの言葉の由来は諸説ありますが、

ステンはフランス語で支える(soutien)という言葉で、

英語のスタンドフォールカラー(stand Fall Collar)が訛って

ステンカラーになったという説が一番有力だそう。

 

 

スタンドフォールカラーはコンバーチブルカラーの一種で、

第一ボタンを留めても外しても着られる、二重襟のこと。

 

 

海外ではステンカラーコートのことを「バルコート」または

「バルマカーンコート」と言い、スコットランド・インヴァネス近郊にある

バルマカーンから名付けられています。

 

 

また、インヴァネスでは暖かな防寒着として、コートの方部分にマントがついている

「インヴァネスコート」が有名です。

 

 

インヴァネスコートは、シャーロックホームズが着用している、あのコートですね。

 

 

スコットランドは日本の北海道よりまだ上に位置し、

寒い地方として知られる地域なので、寒さから身を守るためのコートが発達したのでしょう。

 

 

また、大陸の突端で海に囲まれているため、海から吹いてくる寒い風が

体に入ってくるのを防ごうと、襟を立ててコートを着るのはごく自然なことですよね。

 

 

昔から「寒い時には首のつく部位を守れ」と言われていますが、

どこの国でも寒い時はつい首を縮めたくなります。

 

 

襟を立ててストールやマフラーを巻けば、さらに暖かく過ごせるし、

薄手のストールなら春のファッションとしても楽しめますね。

 

また、ステンカラーコートはまだまだ人気が衰えることはなさそうです。

 

時代を先取りするならと、ネイビーのステンカラーコートを

いち早く手に入れ流は賢明な選択ですね。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0