LOUIS VUITTON -ルイ・ヴィトン-

フランスのラグジュアリーブランドであり、世界的に有名なブランド「ルイ・ヴィトン」。

1854年、荷造り用木箱職人であった「ルイ・ヴィトン」が、トランク工場として創業したのが始まりです。

輸送機関の発展と成長という時代背景から、従来の蓋の丸いトランクでは荷物を積み重ねることができないため、簡単に積み上げられる平らな蓋を持ったトランクを考案したことが、評判を呼んだ始まりです。

同時に革よりも軽くて水にも強い加工を施した、グレー無地のコットン素材「グリ・トリアノン・キャンバス」をトランクの表面に貼るようになり、これもトランクの評判を押し上げました。

時代の需要にも押され、ヴィトン社は規模を拡大します。
同時にエジプト総督「イスマイール・パシャ」、ロシア皇太子「ニコライ2世」、スペイン国王「アルフォンソ12世」からもトランクの注文を受けることになり、ヴィトン社は名声を得るように。

一方で、ルイが考案したトランクの上からキャンパス生地を貼るという技法は良かったのですが、簡単にできるためコピー商品が出回ることに。

その後、別の生地を使うようになりますが、すぐにコピーが出回るという繰り返しが行われていました。

しかし、コピー商品に押されることもなく、ヴィトン社は成功を収め、ルイ・ヴィトンの死後、ルイ・ヴィトン社は息子ジュルジュの元、世界的なブランド企業へと成長しました。

1997年、アパレル分野へも進出。
バッグへの伝統を重視しつつ、モードへルイ・ヴィトンのイメージを作り上げる挑戦を現在も続けています。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0