Ermenegildo Zegna -エルメネジルド ゼニア-

1910年、エルメネジルド・ゼニアがイタリアのビエラ・アルプスの小さな町、トリヴェロに工場を造ったことが始まりです。

1910年当初は、テキスタイルメーカーとして創業し、1930年代に入ってから高品質な毛織物の生産を始めました。

このころから紳士服の生地として、「ゼニア」の名前が有名になり始めます。

高品質で希少なウールのみを買い付け、独自に開発した織り方で、ゼニア独特の手触りを実現。
着心地の良さから、実業家や選ばれたエグゼクティブが顧客となっていきます。

高品質な生地は、オーダースーツなどの個人需要だけではなく、エルメスやアルマーニ、ラルフローレンといった世界的に有名なラグジュアリーブランドも積極的に取り入れ、自身のブランドスーツを仕立てるようになりました。

1980年代に入ると、高級衣服のメーカーとしてだけでなく、「ゼニア」をブランドとして成長させていきます。

ゼニアとしてのオリジナル製品の展開。
トムフォードのコレクションの製造。

展開は大きくなり、世界的なラグジュアリーブランドの仲間入りを果たすようになりました。

現在はイタリアを代表するブランドであり、86カ国において店舗を展開しています。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0