Ermenegildo Zegna -エルメネジルド ゼニア-

1910年、エルメネジルド・ゼニアがイタリアのビエラ・アルプスの小さな町、トリヴェロに工場を造ったことが始まりです。 1910年当初は、テキスタイルメーカーとして創業し、1930年代に入ってから高品質な毛織物の生産を始めました。 このころから紳士服の生地として、「ゼニア」の名前が有名になり始めます。 高品質で希少なウールのみを買い付け、独自に開発した織り方で、ゼニア独特の手触りを実現。 着心地の良

ゼニア アニオナ(AGNONA)

ダンディズムコレクションがオススメする、オリジナルデザインのオーダーステンカラーコート。 コートの形としては、第1釦とそのボタンホールをあえて無くし、衿を立たせて、ジャケパンスタイルに合わせ易くしています。 エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)のアニオナ(AGNONA)生地、ボルドー、グレー、ブルーで仕立てたステンカラーのオーダーコートが上がってきました。 それぞれ雰囲気が

ゼニアsilk100%の最高級ジャケット&チェスターコート

A/W コート生地として、エルメネジルド・ゼニアの最高級の生地を仕入れました。 コート生地の中では、あまり出回っていないシルク100%の素材です! そもそもシルクとは、元々人間の皮膚と同じタンパク質から構成されていて、第二の肌と言われているくらい真珠のように美しい光沢があります。 軽くてなめらかな肌触りも特徴です。   そんなシルクを、100%も使用しているこちらの生地…!! 通常の生地

ゼニア アニオナ(AGNONA)生地でオーダーコートを!

本日ご紹介するのは、エルメネジルド・ゼニア(Ermenegildo Zegna)が1990年に買収した、アニオナ(AGNONA)社が手掛ける上質なコート生地! アニオナ(AGNONA)社とは、1953年、イタリアにて創業された高級テキスタイルメーカーです。 ゼニア同様、生地の原毛の生産から全てのプロセスを自社で行なっており、カシミアやアルパカ、ビキューナなどの獣毛繊維を使用した生地に定評。 その結

ゼニアのジャケット生地 2017AW

Ermenegildo Zegna(エルメネジルド・ゼニア)のジャケット生地、2017AW 生地のご紹介です。 ・HERITAGE(ヘリテージ) 1930年代のスタイルを元に、同年代の糸を使い、組織、デザインをより良く再現した素材。 現代的に軽量化もされていて、幅広い年代の方に伝統的な色柄と着用感を気軽に楽しんで頂けるコレクション。 ・TRAVELLER(トラベラー) ゼニアの服地の中では数少ない