INCOTEX -インコテックス-

1951年、イタリアのヴェネチアで創業したパンツ専業のブランドです。 創業当初は従業員が20名程度の小規模な会社でしたが、その頃からすでに専門的な技術と品質には高い評判を得ていました。 インコテックスには”Solo Pantaloni”(イタリア語で、”パンツ一筋”)という会社の標語があり、標語の通り60年以上にわたってパンツを作り続けています。 イ

センタープレス

センタープレスとは、パンツの裾中央に入った真っ直ぐな折り目のことを呼びます。 センタープレスは、裾に入った縦のラインが強調されることで、脚を長く見せる効果があるのが人気の秘密。 男女に関係なく人気の定番デザインであり、フォーマルなシーンやビジネスシーンで最も使われるデザインです。 センタープレスから受ける印象は、すっきりとして信頼感があり落ち着いた印象でしょう。 そのため、昔からスーツの定番アイテ

ノータック

タックとは「つまむ」という意味があります。 そしてパンツにおけるタックとは、布を織り込むことで出来た「ヒダ」のことを指しています。 つまりノータックとは、つまんだ(布を織り込むことで出来た)「ヒダ」が無いということ。 タックはパンツのウエスト部分に付けるもので、ウエストとヒップの調整やデザインを行う場合に用いられます。 ノータックのパンツは、ウエスト部分に「ヒダ」がありません。 そのため、非常にス

セットアップ

「セットアップ・スーツ」というように使われることが多いです。 既製品のスーツでは、上下セットのサイズが決まっていることが多いです。 ですから、ジャケットはぴったりだけれど、パンツが小さい。 このようなことが起こります。 そんなとき既製品のスーツでも「少しだけ」ならサイズを調整できますが、大幅にサイズ感を変更することはできません。 そこで、そんな問題を解消するのが、セットアップなのです。 セットアッ

ストレートパンツ

ストレートパンツは、すべてのパンツの基本であり、このパンツからラインを変えることで、様々なシルエットのパンツができています。 ストレートパンツは、ひざ部分から裾にかけて、まっすぐなラインを描くパンツです。 ストレートパンツは、流行に左右されることが少なく、ファッションアイテムの中では定番中の定番。 カジュアルファッションからビジネスシーン、フォーマルなシーンにまで使われる、非常に汎用性の高いデザイ

スラックス

スラックス(Slacks)とは、洋服の長ズボンを指しています。 もともと「Slacks」とは「ゆるい」「ゆとりがある」という意味があります。 この意味からも想像できるように、長ズボンで「スラックス」というと「タック」を使って、ズボンの脚を通す筒の部分にゆとりがあるタイプの長ズボンを指していたようです。 このような「ゆとり」のある長ズボンがスーツに使われることが増え、その後スーツが一般化。 スーツの

ニーディック(NIEDIECK)のベルベット生地

人気の最高級のベロア生地、ニーディック(NIEDIECK)のベルベット生地。 今年も沢山のオーダーを頂いております。 ここぞという大切な日や、パーティー、結婚式、二次会などにうってつけのアイテムです。 3Pでピシッと決めるのも良し。 小洒落に崩してお持ちのジャケット、パンツに合わせてジャケパンスタイルで着こなすのも良し。 普段のコーディネートから、お洒落の幅が広がる事間違いなしです。 また生地の艶

【ジャケパンコーデ】ジャケパンのパンツはこの3つで固めよう

ジャケパンの主役はその名の通りジャケットとパンツ。 調べてみるとジャケットに関してはブランドの情報や、選ぶ際のポイントなど情報が出回っていますが、パンツに関してはジャケットほど情報が無いようです。 それはなぜでしょうか。 ジャケットの方が重要だから? そんなことはありません。 パンツもジャケットと同様にこだわるべきですし、むしろジャケットは脱ぐタイミングがあるのに対してパンツは履きっぱなし。 です

コレさえ知ればもう怖いもの無し!ジャケパン秋のコーディネート

「ジャケパンもそろそろ秋のコーディネートにしたいなぁ」 そんな夫の一言で、元カラーコーディネーターとしての気持ちがムクムクと頭をもたげました。 「よし、昔の本を引っ張り出して、秋コーデの配色を考えてみようかな」。 実は、色の組み合わせには法則があります。 その法則に則ってコーディネートすれば、センスや勘に頼ってなんとなくしていたコーディネートもバッチリ。 あなたもご一緒に秋のジャケパンコーデを考え