なで肩・体型補正の実地採寸方法について

なで肩・体型補正の実地採寸方法について 今回はなで肩でたすき状の抱きジワが出る場合の補正の取り方についてお話しします。 なで肩がなぜ抱きジワが出るのか。 それは首から肩先にかけての下がりが大きい、 肩傾斜角度が大きい場合に起こります。   肩幅は合っている状態で 肩の傾斜角度が大きく腕のつけ根位置が平均よりも低いため ・肩先が下がる ・腕のつけ根が脇の下に当たり袖に押されてシワが出る。

イカリ肩・体型補正の実地採寸方法について

体型補正について型紙上の動きを説明しているものはよくありますが、 実際の採寸で補正分量をどの程度にすればよいか、わからないという方も多く見られます。 今回はイカリ肩でツキジワが出る場合の補正の取り方についてご説明します。   イカリ肩がなぜツキジワが出るのか。 それは首から肩先にかけて斜めに下がっている角度 (肩の傾斜)が、通常よりも角度が平行に近く、 あまり斜めに下がっていない場合に起

ロロ・ピアーナVSゼニア、オーダースーツを作るならどちらを選ぶ?

夫は仙台にある女子教育大学の准教授。 夫婦ともども東京から仙台に引っ越してきて、20年が経つ。 夫は児童の福祉現場から、研究の道に進んで現在の大学に落ち着き、私は越してきてから、趣味で始めたブリザードフラワーを続け、今ではこじんまりした教室を開くまでになった。 夫はとにかく頭の中がいつも研究のことでいっぱいで、勉強熱心な学生からは、まぁまぁ慕われているようだ。 「女子大に勤務しているのだから、もう

最高級オーダージャケットをさりげなくまとう、ロロ・ピアーナの生地

夫は甲冑師(かっちゅうし)という、伝統工芸の職人です。 もう40年も、五月人形の製作、美術館に飾られている鎧兜の修復などをしています。 いつもは畳敷きの和室の作業場で、胡坐をかいて作業をしている、手作業が命の穏やかな仕事です。 そんな夫が、ほぼ毎年出ているのが、東京都の伝統工芸展です。 伝統工芸の分野では、国内最大級の展覧会で、接客や解説が主なスケジュールです。 毎年デパートなどでは実演販売をして

最高の一着、初めてなのに失敗なし!ちゃんと選ぶオーダースーツ

今、ビジネスパーソンの間ではオーダースーツが人気です。 世界で自分だけの一着が出来上がるなんて、誰もが憧れます。 でも、「オーダーは値段が高いから・・・」と最初から敬遠してしまっていませんか? オーダースーツにもいろいろ種類があります。 フルオーダーならば、自分だけに力を注がれた贅沢なスーツが出来上がります。 ですが当然、お値段は高いです。 ただ、それだけの価値は当然あります。 また、オーダースー