Borsalino -ボルサリーノ-

1874年、イタリアのジュゼッペ・ボルサリーノが、アレッサンドリアのフェルト帽をつくる芸術的職人のみを集めて工場を設立したのが始まりです。 伝統的な機械と道具にこだわり、これらを使い続けることで、永遠ともいえる長い時間に渡って受け継がれるであろう、エレガントさやラグジュアリーさを提案しています。 1874年、ボルサリーノは「シルクハット」の製造を始めました。 その後、1900年に行われたパリ万博博

BVLGARI -ブルガリ-

ブルガリは1884年、創業者ソティリオ・ブルガリがイタリアのローマにあるトリニタ・デイ・モンティにて始めた銀細工の店から歴史がスタートします。 創業者であるソティリオ・ブルガリは、1857年ギリシャで代々続く銀細工師の家に生まれました。 大きくなるに従い自らも銀細工に興味を示し、ギリシャからローマへ移住。 ローマへ移った後、トリニタ・デイ・モンティにて自らの銀細工店を始めます。 ソティリオの後は、

Brioni -ブリオーニ-

1945年、イタリアのローマにて創業した紳士服ブランドです。 創業当時は「アトリエ・ブリオーニ」の名前で創立され、イタリアにおける新しいスーツスタイルをエレガントに追求していました。 ブリオーニは、それまでの重厚な素材を使った重いイギリス伝統のスーツとは違い、最高級の軽い素材を使い、職人のハンドワークにより、イタリアの気候にあったスーツを発表していました。 1952年に行われた、現在のミラノコレク

OFFICINE PANERAI -オフィチーネ・パネライ-

1860年にイタリアのフィレンツェにて、ジョヴァンニ・パネライが創業したスイスの時計店が始まりです。 パネライは創業時、時計ブランドというよりは精密機械メーカーとしての評価が高い会社でした。 しかし、イタリア海軍のために作った「ダイバーズウォッチ」が一躍人気になり、時計メーカーとして頭角を表すことになります。 パネライは20世紀に入り「発光物質」である「ラジオミール」を発明。 1938年には発明さ

INCOTEX -インコテックス-

1951年、イタリアのヴェネチアで創業したパンツ専業のブランドです。 創業当初は従業員が20名程度の小規模な会社でしたが、その頃からすでに専門的な技術と品質には高い評判を得ていました。 インコテックスには”Solo Pantaloni”(イタリア語で、”パンツ一筋”)という会社の標語があり、標語の通り60年以上にわたってパンツを作り続けています。 イ

Giorgio Armani -ジョルジオ・アルマーニ-

1975年、ジョルジオ・アルマーニとセルジオ・ガレオッティが設立したブランドです。 ジョルジオ・アルマーニは、イタリアを代表するファッションデザイナーであり、「ジャンフランコ・フェッレ」「ジャンニ・ベルサーチ」と共に、ミラノ3Gとして世界中で知られています。 ジョルジオ・アルマーニは、1934年にイタリアのピアチェンツァに生まれました。 ミラノ大学医学部に入学しますが、兵役へ召集され、そのまま大学

ISAIA -イザイア-

1957年に、イタリアのナポリで創業したテーラードブランドです。 ナポリのブランドというと、キートンやアットリーニが有名ですが、イザイアはこの2つのブランドと比べると値段が安く高品質なのが特徴。 現代的なシルエット、洗練された布地は、着る人の本質を表現するとも言われています。 イザイアは、イングランドやスコットランド、イタリア北部のビエラ地区の生地メーカーから生地を仕入れ、その中から良質なもののみ

Orobianco -オロビアンコ-

1996年、ジャコモ・マリオ・ヴァレンティーニとエリサ・ロヴァティが設立した、高級革製品のブランドです。 二人は長年にわたり、高級革製品の職人として腕を磨いていました。 ヨーロッパの高級ブランドの革製品を作り続けてきたのち、現在はイタリア勲位コンメンダの保有者となっています。 そしてMADE IN ITALY協会の会長もつとめ、現在はイタリアのミラノ近郊にファクトリーを構えています。 「オロビアン

IL BISONTE -イル・ビゾンテ-

“雨が降ればどちらも濡れ、晴れればどちらも日にあたり、 あなたが日焼けすれば、バッグも日に焼けます。 あなたのイル・ビゾンテはあなたの一部になるのです。” 引用:ワニー・ディ・フィリッポ(公式サイトより) イル・ビゾンテの偉大な職人「ワニー・ディ・フィリッポ」はこう語ります。 ナチュラルなレザーを使い、職人がハンドメイドで仕上げたバッグは、使えば使うほど持つ人に馴染みます。 イル・ビゾンテは197