生地紹介

ダンコレで取り扱う生地はすべて、本場イタリア製のインポート生地であり、その数は3,500種類を超えます
スタイリストが採寸をしつつ、その男性の魅力を最も際立たせる生地を選ぶのですから、数の多さは当然です。

最高級と誉れ高いエルメネジルド・ゼニア社製の生地やロロ・ピアーナ社製、アリストン社製など、
そのすべての生地をイタリア製に限定しているところに、ダンコレのこだわりがあります。

古来より日本が誇る技術とは、ニッポン品質と呼ぶにふさわしい、世界でも類を見ない最高級の技術のこと。

ダンコレは「オーダージャケパン、オーダースーツの品質がいいのは当たり前であり、
スタイリスト提案こそが紳士諸氏にふさわしい装いを提案することができる」と考えていますから、
一級品のみを扱うのは当然です。

生地も、縫製技術も、一級品。

そう考えた時、自ずと選択肢は一つに絞られます。生地はイタリア製。縫製は日本製。
この他に選択肢は、ありません。

ここではダンコレのスタイリストが選ぶ、特に著名なイタリア製生地を紹介しましょう。

Ermenegildo Zegna/エルメネジルド・ゼニア

image7エルメネジルド・ゼニア。
この名前を聞いたことのある紳士諸氏は多いでしょう。

オーダーを考える方なら一度は、ゼニアの生地を使ってみたい、そう思ったこともあるのでは。

エルメネジルド・ゼニアは、1910年に北イタリアで創業された生地メーカーであり、スーツメーカーでもあります。

エルメスやアルマーニといった最高級ブランドがゼニアの生地を採用していることからも想像できる通り、
まさにその生地はイタリア製最高峰。

その歴史を紹介すると、20歳で家業を受け継いだエルメネジルド・ゼニアは、工場を北イタリアのトリヴェロに移転。そこからゼニアを近代的な企業へとマネジメントし、世界有数の服地企業として地位を築きます。

一級品の生地を扱うメーカーでありつつも、 原毛の買い付けから、素材の開発、紡績、機織、染色、仕上げ、そしてスーツなどへの製品化まで、自社工場で一貫して行うSPAと呼ばれる業態をとっています。

世界の高級生地シェアの1/3を占めると言われる生地ブランドがゼニア。

ゼニアの中でも生地ブランドは複数あり、トラベラー、トロフェオ、クールエフェクトなど、皺になりにくいものや通気性が高いものなど、利用シーンに合わせて様々な特徴を持っています。

利用する男性の要望に応えられるだけの実力を持つメーカー。

それが、エルメネジルド・ゼニアです。

(参照 : http://www.zegnagroup.com/ja/storia_e_sviluppo/la_storia/inizi

LORO PIANA/ロロ・ピアーナ

image8ゼニアと並び称されるイタリアの生地ブランドがロロ・ピアーナ。

ゼニアと比べると「繊細」という言葉が似合うロロ・ピアーナは、
繊細さとは裏腹にゼニアに負けずとも劣らない多くの生地ブランドを有し、
ジーランダー、トラベルプロ、フォーシーズンズ、ロイヤルウォッシュなど
目的に応じた生地、そしてスーツを選ぶことができます。

その繊細さから、男性よりもむしろ女性からの認知度が高いのも、ロロ・ピアーナの特徴。

言われてみれば確かに、生地の雰囲気は高貴で上品。
女性的な柔らかさを感じさせてくれます。

事実、ロロ・ピアーナは、全体的な色合いの雰囲気も生地の風合いもゼニアに比べて柔らかいことが多く、
そのためか、仕立てたジャケットやスーツの仕上がりも柔和な気品を感じさせてくれると言われています。

ARISTON/アリストン

image9ナポリのアリストンは、1920年創業。

キトン・ブリオーニなどのイタリア高級アパレルメーカーから
絶大な信頼を得ています。

アリストンコレクションのスーツ生地は、ほどよく光沢感のあるSUPER130’sウールを使用しており、
ジャケット素材についても、先端と呼ぶにふさわしい、斬新なコレクションをラインナップしています。

また、クラシカルなイメージのイタリアスーツ界において、モダンスタイルを提供しているのもアリストンです。

イタリアではゼニアなどと並び一流と称される最高級生地メーカーの一つ。

知る人ぞ知る、その生地のクラス感の違いは、他のブランド生地が手頃なものから高級なものまで
幅広く使われているのに対し、アリストンの生地はある程度のグレードのものしか受け付けない。
そういう印象です。

人前に立つ仕事の人、存在感を際立たせたい人などにアリストンの生地はおすすめと言われる所以です。

TALLIA DI DELFINO/タリア・デルフィノ

image10エルネメジルド・ゼニア、ロロ・ピアーナと並び、
イタリアにおいて3大ミルメーカーと称されるのが、
タリア・デルフィノです。

この織元メーカーは、北イタリアはビエラ地方の北、
ストローな地区に位置しています。

北イタリアのビエラ地方といえば、世界的に有名な最高級毛織物の生産地であり、
その地方でもタリア・デルフィノの歴史は100年以上。
その生地やジャケット、スーツが普遍的に愛され続けている何よりの証拠です。

軽量、かつ柔らかで涼しげな肌触りであるのに、防シワ加工がなされたトロピカルウール、
Super130’sの「ナポリ」。ウールだけでは不可能な、
つややかで上品な光沢を可能にしたシルクブレンドの生地「ドルチェ・ヴィータ」。

細めという流行をも考えたうえでの生地は、タリア・デルフィノならでは。

タリア・デルフィノが織りなす世界観を、お楽しみください。

CANONICO/カノニコ

image11最高級毛織物の生産地として有名な、北イタリアのビエラ地方。
カノニコもまた、この地方で1936年に創業しました。

その生地の供給先はハンドメイドオーダーを取り扱う老舗テーラーや
パリのオートクチュールなど、いずれも素材が一級品であることを
暗黙の了解とするところばかり。

有名どころではバーバリーやアルマーニ、ラルフローレン。

日本ではユナイテッドアローズやビームズなどにおいて、カノニコの生地を使用した既製服が販売されています。
一説によると近年では、ゼニアでもカノニコが使われているとか。

カノニコの生地品質の高さが、うかがえます。

しなやかさと程よい張りを兼ね備えたSUPER120’sの春夏生地定番「サマー・トロピカル」。

さらさらした肌触りと防シワ性に優れた「オリジナル・ポラール」。そしてカノニコならではのしなやかさと
モヘア生地のハリと清涼感、光沢と上品さを感じられる「モヘア・トロピカル」など、
人々の要望にも耳を傾けて世に送り出す生地の数々が、カノニコの人気を裏付けているといえるでしょう。

カノニコといえばしなやかさと光沢。そして着ていることを感じさせない軽やかさ。
かつ程よくやわらかなフィット感。

ハードなビジネスを展開する紳士諸氏にまとってほしい、生地のひとつです。

REDA/レダ

image12イタリアの最高級生地メーカーの1つ、レダ。

高品質ながら値段は比較的抑えめ。
コストパフォーマンスの良さから、
ビジネスパーソンにおすすめする生地ブランドです。

原毛段階から素材の品質管理に携わる一貫生産こそ、レダの強み。
日本国内においてはセレクトショップのスーツによく使われている生地でもあります。

手頃な値段でありながらもイタリア製生地の雰囲気はそのままに、柔らかい着心地を楽しむことができます。

LUIGI COLOMBO/ルイジ・コロンボ

image13イタリアはビエラに位置する、最高級生地メーカー。
それが、ルイジ・コロンボです。

カシミヤを中心とした 高級テキスタイルの名門。

カシミヤやキャメル、グアナコの毛織物メーカーとして、
中間マージンを省くことで安定した品質とコストパフォーマンスを実現。
わずか30年でこれらの生産高が世界一となるまでに成長。

その生地は光沢があり、肌触りはしっとりと柔らかです。

高級天然素材を用いた生地は、オートクチュールは勿論、
著名なブランドやメンズのプレタポルテからの需要が高いことでも有名です。

上記はイタリア高級生地のほんの一例です。

その他、全国の生地屋から独自に仕入れるネットワークにより豊富な生地をご提案できます。

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0