ダンコレのサービスメニュー

ダンコレが紳士たちにスタイルを委ねられる理由。

それは、オーダーによくあるオプションの追加や直しなどの追加費用を一切いただかない、オールインワンの価格を採用しているから。

影響力のある男たちにとって時間は特にかけがえのないもの。
装いをプロフェッショナルなスタイリストに委ね、自身はつかの間の休息を楽しむ価値を知っています。

ですからダンコレでは、すべてのオーダーに3種類の価格を用意するのみにしました。

価格の違いは生地の品質や好みのみ。
加えるオプションや直しはすべて料金に含めています。

生み出した時間はぜひ、アルグラッドザタワー35階に位置するメンズサロン『ダンコレ』にて。
極上の空間で、至高の時間を過ごす。
そんな紳士に向けたダンコレラインナップを、ご覧ください。

“Order JACKET & PANTS” 「オーダージャケパンスタイル」

22572387_lいつかは、ダンコレ。
そんな言葉を生み出すのがダンコレの旗艦サービスであるオーダージャケパンスタイル。
プロフェッショナルなスタイリストによるコーディネートと仕立ては流行を捉えつつも、その人自身であることを主張します。
他と同じであることが許されない紳士諸氏に、まず試して頂きたいのがオーダージャケパンです。
read more

“Order SUITS” 「オーダースーツスタイル」

45886306_lビジネスパーソンはもちろん、起業家や経営者に至るまでの装いを任されるダンコレですから、スーツスタイルも扱わなければなりません。
かの有名なアップルのスティーブ・ジョブズ氏も銀行に赴くときはスーツを着たといいます。
ジャケパンスタイルのダンコレですが使用シーンに合わせ、スーツスタイルも提案しています。
read more

“Order SHIRT” 「オーダーシャツ」

44737477_l プロフェッショナルに装いを委ねる男たちが好むもの。そのひとつがオーダーシャツ。
誰一人同じ人間はこの世に存在しないように、誰一人として既成品にフィットする人はいない、というのが私たちの信念です。
シャツとはいわば、皮膚のようなもの。
身体にフィットしつつも十分な可動域をもたらす必要があります。
紳士諸氏の要望とともにそんなシャツをダンコレでも用意することにしました。
read more

“Order COAT” 「オーダーコート」

11418635_l ジャケパンスタイルほど見た目がほかと違うなら、当然コートも同じであっていいはずがありません。
ジャケパンで目を引くなら、それにフィットするコートを仕立てる必要があります。
もちろんダンコレのオーダーコートはすでに仕立てたジャケパンやスーツをもとに、着心地はもちろん、見た目にも自然な雰囲気を醸し出します。
read more

“Order TUXEDO” 「オーダータキシード」

suit-691849_1920 タキシードというと結婚式で着るなど、特別な装いを感じさせるもの。
これまではレンタルが一般的でしたが、そのレンタル価格とオーダーで仕立てる価格が変わらないということもあり、ダンコレではオーダータキシードも手掛けています。
特別な時を過ごしたあとは、スーツへと仕立て直すことも可能。
上質感のある肌触りと特別な優越感を、ぜひお楽しみください。
read more

“Order SHOES” 「オーダーシューズ」

42358074_l オーダーシャツと合わせて需要があるオーダーシューズ。
多くの人がジャケパンやスーツ、シャツもオーダーするのに対し、シューズだけはオーダーする人が比較的少ないと考えています。
しかしシューズこそ既成品のサイズが合いにくく、これだ、といった逸品には巡り会えないもの。
そこでダンコレでもオーダーシューズを承ることにしました。
read more

“Order DENIM SUITS” 「オーダーデニムスーツ」

デニムといえばジーンズを思い浮かべる方が多く、やや硬めの生地である印象が強いものですが、オーダーデニムスーツで使われるデニム生地は、ストレッチ性に富んだ薄手の生地であることがほとんどです。
ヴィンテージジーンズというものが存在するように、その生地は陰影のコントラストが動きを生み、カジュアルだけれどもエレガントな雰囲気をまとうものに与えてくれます。
read more

“Order ORIGINAL DENIM” 「オリジナルデニム」

15576791_s デニム生地を扱うならば、ジーンズも欲しい。それが紳士というものです。
ダンコレオリジナルデニムは世界で唯一のものをつくりあげていきますので、その過程を楽しんでくだされば、と思います。
もちろんジャケットにも合いますし、1本は手にしていただきたいおきたいところです。read more

ダンコレの3ライン紹介

オーダーに興味はある
いつかはつくってみたいと思う。
けれど、価格帯が不明瞭なことが二の足を踏む理由である。

こうおっしゃる紳士諸氏はとても多く、マーケティングやコンサルティングを仕事としてきた私にとって、それは解決すべき課題の一つでした。

そこでダンコレではシンプルかつわかりやすいことを追求し、価格帯は3クラスのみ設定
そして価格が不明瞭である代名詞「オプションと直し」の価格まで全て込みとしました。

ダンコレは3ラインの価格設定。
そしてオプションと直しもオールインワン。

3ラインの価格設定は生地原価の違いのみ反映させ、わずらわしいお金の計算から解放。
スタイリストとの会話や採寸、メンズサロンでの時空間を楽しんでいただけるようにしました。

*ダンコレ・ゴールドライン
*ダンコレ・プラチナライン
*ダンコレ・ブラックライン

オーダージャケパンかオーダースーツかなど、求めるサービスにより
3ラインの価格をそれぞれ設定しておりますので、詳しくは各サービスのページをご覧ください。

ダンコレ・オプション紹介

ダンコレではオプションの選択もスタイリストが紳士諸氏に代わり、行います。

もちろんコミュニケーションを通し、どんなオプションが好みかも確認しつつの選択になりますので、この点ご安心ください。

お台場仕立てや本切羽、ステッチやチェンジポケットなどの基本となるオプションはもちろん、スタイリストならではの他とは違うオプションも提案します。

採寸日を、楽しみにお待ちください。

ダンコレはすべてオールインワンの価格設定です

他のテーラーでありがちな、来店してみたらオプションを勧められ、また直しをお願いした結果、見積の1.5倍から2倍のお値段になってしまった…

というような後味の悪さをなくし、オーダーという非日常の時間と空間を体験していただくため、ダンコレでは各サービスで設定した3ラインの価格以外、一切請求しておりません

例えばですが、お台場仕立てはオーダーに必須。

元の価格からお台場仕立て価格を排除し、来店してから価格をプラスのようなことは行っておりませんので、ご安心ください。

オーダーは男にとって休息の時間であるべき。
だからこそダンコレは、紳士諸氏を一切の煩わしさから解放します

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0