オーダースーツ代理店募集

オーダースーツ 【ダンコレ】販売代理店支援事業

オーダースーツ代理店になりたい、オーダースーツ販売を始めたいとお考えのあなたのために、オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスを立ち上げました。

あなたが一流のテーラー、スーツ屋になるために万全のサポート体制でお手伝いします。

まずはお気軽にお問い合わせ下さい。

詳しくは、以下のバナーをクリックして専用のページを御覧ください。

ダンコレ代理店募集/ オーダースーツ、オーダージャケパン
  • 実業を持ちたい経営者・起業家
  • フィッター、テーラーという仕事そのものを楽しみたい人
  • 顧客に高い価値を提供しつづけたいと思っている人
  • ビジネスを通して利益を上げ、自分自身を成長させることに興味のある人

もしあなたが、顧客に最大限の価値を提供できる、すばらしいビジネスをつくりたいと思うなら、
そして実業を持って信頼と安心を手に入れたいと願うなら、オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスにぜひ今すぐメールか電話でお問い合わせください。

理由その1:
あなたの人脈が活かすことができるから

あなたしか持っていない、あなたの資産。
それは、あなたの「人脈」です。

ダンコレには「ゼニア」、「ロロピアーナ」といった一流の高級生地を仕入れる独自ルートをはじめ、信頼のおける複数の国内工場との繋がりなど、オーダースーツを作るために欠かせないノウハウと体制が揃っています。

しかし、あなたが長年築き上げてきた人脈、そしてあなたが勝ち得た信用度はあなただけが持つものです。

我々の強みであるオーダースーツ作りのノウハウ。
そしてあなたの強みである人脈。

オーダースーツ代理店は我々とあなた、互いの強みを活かすことができるビジネスなのです。

理由その2:
在庫リスク、仕入れノルマ、ランニングコストがゼロだから

多くの「物」を扱うビジネスにつきまとう「在庫リスク」、「仕入ノルマ」、「ランニングコスト」といったハードルですが、オーダースーツ代理店の場合、これらについて心配する必要がありません。

なぜなら・・・

スーツの生地など、必要な資材の在庫・仕入れ管理は本部が行っており、あなたがお客様から注文を受けてから商品を製作するため、代理店であるあなたに対して仕入のノルマが課されることはありません。

なので「売れずにノルマ分の仕入れで在庫がどんどん膨らんでしまう・・・」という事態も発生しないのです。

また、仕入ノルマが無いためランニングコストもゼロ。

本業としても、副業としてもローリスクでビジネスを立ち上げ、運営できることがオーダースーツ代理店のメリットの一つといえるでしょう。

理由その3:
無店舗で運営できるから

ショップ運営の場合、大きなハードルとなるのが実店舗の用意。

物件のコストはもちろんのこと、立地も考慮する必要がありますし、
実店舗の用意には想像以上の労力を要します。

しかし、オーダースーツ代理店なら

・「生地バンチ」
・「採寸・オーダーシート」
・「仕立て縫製工場」

この3つさえあれば運営することができ、全て本部が用意するので言わばあなたの身体一つでショップを立ち上げ、運営することができるのです。

しかし・・・ オーダースーツ代理店には こんなデメリットもあります

でも、あなたは今、こう思われているかもしれません。
「そんな上手い方法、あるわけがないだろう」と。

オーダースーツ販売代理店は無店舗無在庫だから誰でも参入しやすいだけで、ほとんどがビジネスとして成り立っていないじゃないかと。

このようなことを、あなたは思っているかもしれません。

そして、多くのテーラー、スーツ屋が

・お客様に提案できない
・集客できない
・売れない

という悩みを抱えたまま、今日も苦しんでいることをご存じかもしれません。

さらに、

・テーラー業界の悪しき慣習
・本部は売るプロではないため、売り方を教えてくれない
・本部は集客のプロでないため、集客の仕方を教えてくれない

という理由も既に聞いたことがあるかもしれません。

ですからあなたが今、そんなウマイ方法があるのか?と私たちを疑っているかもしれないことは良くわかります。

ローリスクで立つ上げる事ができるオーダースーツ代理店ですが、こんなデメリットもあります。

*本部次第で生地の仕入れ値が高くなり、どんどん利益が出しにくくなる
*生地の仕入れルート、縫製工場のしがらみによりコストの削減が難しく、繁忙期には納期が大幅に遅れてしまうことも・・・
*セールス面に関するフォローがなく、友人や知人にセールスした後、売れなくなる・・・

「在庫のリスクが無い」、「仕入のノルマが無い」、こういったメリットは本部が仕入れ及び縫製工程を管理しているからであり、

裏を返せば「仕入れ先を選べない」、「縫製工場を選べない」といったデメリットにもなり得ます。

そして、これらのデメリットは「コストの調整ができない」、「納期が大幅に遅れる」といった事態に繋がっていくのです。

また、多くのオーダースーツ代理店が陥ってしまうのが「お客様を獲得できない」「リピートが生まれず、事業が立ち行かなくなる」という状況。

なぜこういった状況に陥ってしまうかと言うと、本部からセールス面に関するアドバイス等のフォローがないからです。

技術面に関する研修は行われても、販売面に関する支援がほとんど無く、繋がりのある人たちへ「安さ」を売りに一度は売れても、リピートが発生せずいつの間にかオーダースーツ業はストップ、という状況がしばし見受けられます。

しかし・・・これはあくまでも 他のオーダースーツ代理店における話。

ダンコレではオーダースーツ事業の仕組みを根本から見直し、こういったデメリットを解決することに成功しました。

ではいったいダンコレのオーダースーツ代理店は他とどう違うのか?

まずは、「どういった仕組みになっているか」という点についてお話します。

まずあなた(代理店側)の役割ですが、基本的には

・「(既存)クライアント、お客様への案内」
・「採寸結果を記入したオーダーシートをダンコレ本部へ送付」
・「完成した商品をお客様へ納品」

この三点のみです。

採寸のほか、ダンコレオリジナルブックと生地見本からお客様と打ち合わせし、ダンコレ専用採寸シートをファックスかメールすればオーダーは完了。

ありがちな生地仕入れや提携する縫製工場の価格が高く、利益が出ない、という事態を仕組みで回避しています。

代理店からの発注を受けた後、ダンコレ本部から提携縫製工場へお仕立て依頼を出し、ダンコレで検品した上で完成した商品があなた(代理店)のもとへ送られます。

最後に完成した商品をあなたがお客様へ納品するのですが、こういった仕組みのため代理店は在庫を持つ必要がなく、身体ひとつでオーダースーツ代理店を運営することができるのです。

今回あなたにお伝えしている販売代理店のお話は一般的なものとは異なります。

あなたがこれまでに、オーダースーツ販売代理店を検討したことがあるならば、私たちが他の代理店を募集している本部とは、全く違うことを話していることに気づいているかもしれません。

例えば彼らの中には、

*自分たち本部だけが儲かればいい
*初期費用だけでも十分に本部の儲けになる
*先に売掛金を回収するから、納期なんて遅れても関係ない

という人たちもいます。

東洋経済オンラインにも取り上げられましたが、数年前から「ここ一番のため」にオーダースーツを買うという流れがあり、そのブームに乗って現れ、そして消えていくような本部もあります。

また、一時的にうまくいっただけの方法を「最高のノウハウ」として売っているような人もいます。

しかし彼らのような人の中に、今でもコンスタントに高単価のオーダースーツを販売し続けている人は何人いるでしょうか?

長期的にお客様と関係を続け、常に高単価のオーダースーツやオーダージャケパンを依頼され、ビジネスを成長させられている人はどれくらいいるでしょうか?

ダンコレでは、具体的な数字は避けますが、他のテーラー、スーツ屋では有り得ない数の受注を受け続けていますし新しいお客様も口コミ、紹介などで迎えることができており、今でもビジネスは日々順調に成長を続け、毎月のように満足のいく売上が得られています。

そして、多くのエグゼクティブな方とオーダースーツやオーダージャケパンの着こなしについて話したり、一緒にビジネスの話をしたり、一緒に仕事をする機会にも恵まれました。

例えば

*日本を代表するある業界のコンサルタントとの共同プロジェクト。
*日本でナンバーワンのセールスコピーライターとの共同プロジェクト。
*日本では類を見ない仕組みを使ったビジネスマナー講座プロジェクト。

ここ数年で、高単価なオーダースーツやオーダージャケパンを必要としているエグゼクティブな方との出会いから、今後も私たちのビジネスはどんどん成長を続けていくでしょう。

もちろん、その理由にはいろいろあります。

しかし最も簡潔にその理由をお伝えするなら、それは、私たちダンコレの「エグゼクティブ層を狙う」仕組みにあります。

常に高い価値を求めておられる方に向けて、オーダースーツやオーダージャケパンを提供するということを考えながら、集客から接客、販売、アフターフォローを行っているのです。

世の中にはたくさんの「ノウハウ」があります。
甘い「儲け話」はいつの時代でも次から次へと出てきます。

しかし私たちは、自分たちが今必要とされていることをわかっていました。

そのためそのような甘い情報に振り回されることなく、高単価で本物のオーダースーツ、オーダージャケパンのビジネスを成長させることができたのです。

従来のオーダースーツ販売代理店 VS ダンコレ販売代理店

オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスは、従来からあるオーダースーツ販売代理店のシステムとは違います。

従来のシステムは、

・在庫ゼロ
・低予算でスタート可能
・販売だけに集中できる

などと言われていますが、どれも長期的に高単価なものを販売しつづけ、成果を得続けることはできません。

その理由は、

・納期が不確定、または繁忙期に遅れる
・生地調達のルートや縫製工場の選択肢がなく、コストが抑えられない
・店頭での販売しかわからないため、集客できない、お客様をリピートさせられない
・販売面のサポートがなく、安売りでしか差別化できなくなる

こんなことが上げられます。

一方ダンコレは、『エグゼクティブ層を狙いビジネスを成長させる』という視点を持っています。

そのため、短期的なお金儲けではなく、長期安定的に成果を得続けることができるのです。

これは従来のシステムと比べると大きな違いです。

例えば

従来のシステムでは、今日はいくら儲かるかが最大の関心事です。

1日で3万円のオーダーを2着取った。
1週間休まず働いて、3万円のオーダーを7着取った。
そんな話になることでしょう。

しかしダンコレは、高単価なオーダースーツやオーダージャケパンを必要としている顧客の獲得と維持が最大の関心事です。

もちろん短期的な利益は必要です。
でも長期的な利益も忘れてはいけません。

両方のバランスをとりながら、どうやって顧客に高い価値を提供し続けられるのか、どのようなシステムを作ればそれをもっと効率よく、効果的に行えるのか、それを考えて行動することができます。

つまりこういうことです。

一流のエレガントな接客や、一流の集客やマーケティングを最大限に活用して、ビジネスを成長させることができます。

エグゼクティブ層の顧客を獲得し、長期にわたって維持することができます。

そしてそこから今までにない大きな利益を生むことができます。

そのためには、どうやってエグゼクティブ層の顧客の前で堂々とした一流のエレガントな接客をし、一流の集客やマーケティングノウハウを手に入れるのか?ということにあります。

とはいえ、なかなか優秀なコーチやアドバイザー、コンサルタントはそう簡単に見つかりません。

例えば「エグゼクティブ層に信頼される接客とマーケティングをアドバイスしてくれる一流の人を募集」とツイートしても、フェイスブックに投稿しても、集まるはずはありません。

だからもっとも確実な解決策は、私たちのシステムをご提供することなのではないか?それが、私たちができる最大の価値貢献ではないか?と考えたのです。

もしかすると、私たちと同じように従来の悪しき習慣から離れ、本物の高い価値を提供したいと思っている方と出会えるかもしれません。

そうなればより大きな相乗効果が生まれることになるでしょう。

そうして作ったのが、オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスです。

【理由その①】
ダンコレオリジナルブックが手に入る

既存のテーラーで犯しがちな間違いが、お客様に完成イメージを自分の言葉で表現して伝えてしまうことです。

なぜならいくら頑張って言葉で伝えても、お客様は完成のイメージがしづらいもの。

仕入れが不要だからといって、お客様に生地ブックから気に入ったものを選んでもらい、完成イメージは、あなたの言葉で表現する・・・

それでは、お客様は完成のイメージがしづらいですし、購入してもらうことができません。

そこで、ダンコレでは、数百万円を掛けて「ダンコレオリジナルブック」を作りました。

このオリジナルブックがあれば、ただ見せるだけで生地から完成イメージまでを、簡単にお客様へ伝えることができ、お客様からもわかりやすく説明してくれる信頼のおけるアドバイザーと認められるでしょう。

【理由その②】
一流の技術と販売の支援が手に入る

「販売に専念できる」。

多くのオーダースーツ代理店本部が言っていることです。

でも、この裏には「販売員として」という言葉が隠れていることに気づきませんか?

本当に本部が代理店のことを考えるのなら、一流のアドバイザーとしての技術や採寸、接客を支援する必要があります。

また、代理店の経営を成長させる支援も必要でしょう。

でも、多くの本部は代理店契約を結んだら「後は頑張ってくださいね」という具合。

だから、ダンコレでは、テーラー業界23年以上の経験を持つパーソナルスタイリストの山下と経営コンサルタント歴18年以上のプロデューサーの岡本がタッグを組んで、技術面、販売面の両方からあなたを支援します。

この代理店研修を受ければ、あなたは普通の経営者ではなく、他とは一線を画したエグゼクティブ層に信頼される経営者兼スタイリストと認知されることでしょう。

【理由その③】
信頼度アップ

高単価のオーダースーツやオーダージャケパンを扱うと、顧客のあなたへの信頼度がアップします。

また、高単価のものを必要とされているお客様は、一度気に入ると高い確率でリピートしてくれます。

【理由その④】
紹介の連鎖の質が違う

エグゼクティブ層との関係は、自分と同じような収入の知人を紹介してくれることにもつながりますから、長期的に考えても収益が安定します。

従来の「格安」とは違い、友人・知人に「頼むから」と声かけ営業して、すぐ1周して終わり、ということも回避できます。

【理由その⑤】
余計なリスクはゼロ

もちろん生地の在庫を持つ必要はありません。

月々のランニングコストも一切必要ありませんので、収益を圧迫する心配はありません。

【理由その⑥】
仕入のノルマなし

月々の仕入ノルマも一切ありません。

売れた分に対してのみ仕入が発生しますから、こちらも収益を圧迫する心配がありません。

【理由その⑦】
運転資金や資金繰りが効率的

オーダーの注文を受けてから生地などを発注するので、仕入の負担がありません。

資金繰りもはっきりしますので、精神的にも安心できます。

【理由その⑧】
繁忙期でも納期遅れが圧倒的に少ない

私たちは「しがらみのない」国内の縫製工場を、独自に開拓し複数提携することで、納期遅れのリスクを圧倒的に少なくすることに成功しました。

また、しがらみがありませんので、価格交渉がし易くなった、という利点もあります。

【理由その⑨】
独自ルートで正規の生地を確保

独自に生地屋のルートを多数確保していますので、正規品にも関わらず、他よりもかなり安く仕入ができるようになりました。

またダンコレ本部で生地を大量に抱えており、在庫リスクを本部が追うことで、圧倒的に安価な生地の提供が可能です。

【理由その⑩】
いいものをより安く

ダンコレは、ナポリやミラノのオーダースーツを半額程度で提供することが可能になっています。

この理由は先にお話した「縫製」「生地」の独自ルートを持っていること。

また、マシンとハンドの中間で縫製していることで実現しています。

だから、エグゼクティブ層が選ぶ高品質のオーダースーツやオーダージャケパンを、あなたは自信を持って安く提供できるので、大いに信頼され喜ばれます。

【理由その⑪】
研修はトータル10時間

代理店のお申し込みが完了すると、トータル10時間の研修を行います。

この研修では、エグゼクティブ層に信頼され喜ばれる、エレガントな接客や採寸の技術、販売や経営面の研修を行わせていただきます。

「採寸してオーダーシートに記入して、FAXかメールで送ってください。」という、そんなありきたりな研修ではなく、あなたは一生使えるスキルを体に染み込ませることができるのです。

そして、まだあなたも発見していない高い価値を提供するために必要な、最も大切なことを、ステップ・バイ・ステップでお教えします。

【理由その⑫】
コンサルティングやセミナーの場で「ついでに」売ることができる

すでにピンときた方もいるかもしれませんが、オーダースーツやオーダージャケットは、見た目を大切にする方々を顧客に持つ方にとっては、大きな武器になります。

なぜなら、見た目を大切にする方々ほど時間がなく、商談ついでに購入できる機会をありがたいと思うからです。

すでにクライアントとの関係性が良好ならばなおさら。

コンサルティングやセミナー会場で、「そのスーツ、どこで購入したのですか?」と聞かれたら、自分で仕立てました、と伝えてください。

その場で購入してもらうことも、もちろん可能。

お互いにとって時間を有効に活用できる、そんなサービスがダンコレのオーダースーツです。

【理由その⑬】
既にテーラー、スーツ屋をやっているなら「時間」を有効に使えます

既に他のテーラー、スーツ屋をやっているけれど、追加でダンコレ代理店を始めたい。
実は今のオーダースーツ代理店からダンコレ代理店に乗り換えたい。

このような場合、あなたは既に採寸などについての知識と技術を十分にお持ちのことでしょう。

ですから、採寸などの研修は必要ありません。

他の代理店本部が教えない「エグゼクティブ層を狙う販売支援」の研修のみでOKですので、あなたの貴重な時間を有効に使うことができます。
(このような場合は、あらかじめ、お問い合わせのときにお伝えください。)

【理由その⑭】
なんと法人クライアントを獲得するチャンスも

テーラー、スーツ屋の泣き所。
それは個人向けセールスに必要な「時間」でした。

1対1でセールスをする以上、あなたが使える時間には限度があります。

ということは、どれだけがんばっても、売上が頭打ちになる、ということ。

これ、辛いですよね?
丁寧にやればやるほど、売上が頭打ちになるのって。

しかしダンコレ代理店の場合は法人様向けに「営業・マナー研修」を商品に組み込んでもらうことができます。

法人様向けに研修することで、なんと一緒にオーダースーツも売れてしまう・・・しかも、リピート率も高く、です。

あなたの営業・マナーのスキル、経験とオーダースーツを一緒に法人様へ提供できますから、あなたは法人様から、頼もしいビジネスパートナーとして信頼されることでしょう。

この法人向け販売手法について詳しくは、ダンコレの代理店にご加盟いただきますと、余すところ無くお伝えします!

今すぐメールか電話で問い合わせする

オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスは、契約書を交わし、少し話をして終わりというのではありません。

なぜならこの支援事業は単に「儲ける」ことではなく、私たちと一緒に「高い価値を提供してくれる人」を育てることに重点を置いているからです。

ただノウハウを伝えるだけでなく、実際に顔を合わせてやり取りして、質問にも答え、裏話なども交えながら研修を進め、現場での対応をしていきます。

もちろん、研修後のアフターフォロー、バックアップ体制も充実していますので、ご安心ください。

オーダースーツ代理店 加盟金について

オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスの目的は・・・

元々、私たちがオーダースーツやオーダージャケパンのビジネスを発展させ「高い価値を共に提供してくれる人を増やす」ことを目的として作った事業なのです。

つまり、「リアルな」ビジネスの現場で「高い価値」が提供できる人を育て増やす。

これを最大の目的にしているのです。

想像してみてください。

何度でも10万、20万~のオーダースーツをリピートして購入してくださる顧客を獲得できることを。

このような顧客と良く似た人が次々と紹介で来られるところを。

これを実現できる「高い価値」と「販売・集客方法」が手に入れば、あなたのビジネスにどれくらいの収益をもたらすでしょうか?

付き合う顧客層が変わることで、あなたの利益は高まり続け、より高い価値を提供できることは、どんな理想の一日を描けるでしょうか?

そして、その仕組みをあなたが手に入れたらどうですか?

だから、オーダースーツ、オーダージャケパン【ダンコレ】販売代理店支援サービスへの加盟金はなんと、

・永久代理店加盟権(無期限の永久加盟権です)
・トータル10時間の研修(技術面、販売面)
・生地バンチ
・数百万円を掛けて作った「ダンコレオリジナルブック」
・研修資料、ダンコレオリジナルイメージ集等のデータ付き
・ダンコレ専用採寸シート(可能な限り簡略化したシートです)
・採寸用ゲージ(採寸のブレをなくすために用意した専用ゲージ)

この7つをパッケージングしてたったの30万円(税別)で提供することにしました。

代理店契約を行い、研修に参加して、10万円から20万円~のオーダースーツを3着程度販売するだけで、加盟金は簡単にペイできてしまいます。

事業を行う経営者から見ると、経費と言えるほどのわずかな投資で、利益をアップし、今までよりも高い価値を提供することができるのです。

ダンコレのオーダースーツ代理店に参加してみたい、興味を持ったので詳しい話を聞いてみたい、そう思ったのであれば今すぐ次のボタンをクリックし、専用フォームからメールか電話にてお問い合わせください。

今すぐメールか電話で問い合わせする

Share on Facebook0Share on Google+0Tweet about this on TwitterPin on Pinterest0Share on Tumblr0